カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

News & Topics

    • 中国人観光客100万人をカンボジアに誘致する (c)KT / Adur Pradeep 今年、カンボジアは中国の観光客を呼び込むために複数の印象的なイベントを開催する予定である。 タオン・コン大臣は、今年100万人の中国の観光客を呼び込むことを目標に、観光、文化、スポーツのイベントを開催することを検討している。 ウェディングが行われ、ゴルフトーナメントやマラソンなどのスポーツイベントが行われ、カンボジア武術と世界遺産に登録されたボカトールのパフォーマンスも行われる予定である。 また、中国とカンボジアの有名人をフィーチャーした音楽イベントも開催される予定である。 今年、国内外からの観光客数は60万人を超え、国内の観光客数は140万人を超える見込みである。 ... [続きを読む]
    • 観光
        2023年2月3日
      観光業 タオン・コン
    • (c)Khmer Times  鉱工・エネルギー省長官だったティナ・ディット氏が、今年10月14日付けで、新農林水産大臣に昇任した。  前任のヴェイン・サコン氏が10月8日に大臣を解任されてから空席の間、同大臣の職務はオーン・ポーンモニロット経済財政大臣が代行していた。  ティナ新大臣は、フランスで最も権威のある大学のひとつ、パリ南大学で物理学の修士号を取得後、2013年に商業省次官から同省長官に昇任。2014年には鉱工・エネルギー省長官に異動した。  農林水産大臣に任命される際に、農業分野の知見が乏しいとの批判が国民の一部から起きたと現地メディアは報じた。  また、カンボジア国王ノロドム・シハモニ国王は11月6日、ナゴンスラン・ナリット氏を労働職業訓練省の ... [続きを読む]
    • 社会
        2022年11月8日
      ナゴンスラン・ナリット ティナ・ディット ヴェイン・サコン 鉱工・エネルギー省 労働職業訓練省 農林水産省
    • PPCBankはカンボジアの低所得者に眼病治療を無償提供している  PPCBankは、2022年5月28日、クメール視力財団との共同による医療支援プロジェクト『ニュービジョン』の一環として、40代から70代までの低所得者層カンボジア人患者を対象にした無償の眼科検診をコンポントム州にて実施した。眼科検診を通じて手術が必要と診断された患者には、首都プノンペンの医療機関での治療がPPCBankとクメール視力財団によって全面的に支援される。  コンポントム州ストゥンセン市のマク・ブンホン市長は、PPCBankとクメール視力財団による『ニュービジョン』の取り組みに対し、「人材育成と福祉は国家発展の主な原動力であり、農村部の人々の生活水準を向上させ持続可能な経済発展に貢献するとい ... [続きを読む]
    • 社会
        2022年6月28日
      金融業 医療 商業銀行 障害者 障がい者 PPCBank 眼科
    • 4月29日から7日間にわたり、「キリロムグローバルフォーラム2022」をオンライン開催した 新興国からグローバルリーダーの輩出を目指すキリロム工科大学はじめ、海外でIT、教育、スタートアップ創出事業を展開するキリロムグループ(vKirirom Pte Ltd.、本社:シンガポール、代表取締役:猪塚武)は、4月29日~5月5日の7日間にわたり、「キリロムグローバルフォーラム2022」をオンライン開催した。 このフォーラムは、世界中の起業家、投資家、ビジネスパーソン、教育関係者、政府関係者、グローバルビジネスに興味のある人々が繋がり、ビジネスチャンスと社会問題解決のためのイノベーションを生み出すことを目的としている。 また、行政、企業など国内外で第一線で活躍するリーダー ... [続きを読む]
    • 経済
        2022年5月31日
      猪塚武 キリロム工科大学 vkirirom
    • カンボジア政府の上級顧問を務めるソック・シファナ氏  カンボジア政府の上級顧問を務めるソック・シファナ弁護士は11日、オンラインイベント「キリロムグローバルフォーラム2021夏」に出席し、日本の森雅子前法相と同国での日本政府による法整備支援について意見交換した。  両氏は今月9~11日に開催されたキリロムグローバルフォーラムのセッションの1つ、「日本からカンボジアへの投資を増やすための課題」に参加。  森氏は「今後は商法の整備やビジネスに特化した弁護士の必要性が高まる」とし、日本政府が関連法の起草支援から成立、運用までを支援する重要性を強調した。  日本政府は1990年代からカンボジアの民法や民事訴訟法の起草のほか、同法の普及活動や人材教育などの支援を実施してきた ... [続きを読む]
    • 経済
        2021年8月25日
    • 錚々たる顔ぶれの登壇者。  カンボジア・キリロム工科大学はじめスタートアップスタジオ事業を手がけるキリロムグループ(代表・猪塚武)が今年8月に開催するカンファレンス「キリロムグローバルフォーラム2021夏」で、カンボジアの経済界や政界の要人の登壇が次々と決定されている。  今年のカンファレンスは、8月9日~11日の3日間にわたり開催され、全セッションオンライン開催とするほか、複数のリアル会場(日本国内7会場、海外4会場)の設置も決定されている。  キリロムグローバルフォーラムは、世界中の起業家・投資家・ビジネスパーソン・教育関係者・政府関係者等が国境を越えて繋がり、ビジネスチャンスと社会問題解決のためのイノベーションを生み出すことを目的としており、グローバルに関わるテー ... [続きを読む]
    • 経済
        2021年7月13日
      キリロム vkirirom 猪塚武 WAOJE
    • (c)KT/ Siv Channa  ピザカンパニーやクリスピークリームドーナツなどの外食チェーン70店舗を運営するエクスプレスフードグループ(EFG)によると、2月20日に市中で感染拡大した事件の影響などにより、同社の売上高が約80%減少したという。  この事件は、新型コロナウイルスのPCR検査陽性者である中国人4人が、隔離ホテルから賄賂を使って脱走し引き起こされた。  同社のゼネラルマネージャーは、「誰もが安全上の懸念から旅行や外食をやめたため、2月下旬の売上はほぼゼロだった」と述べた。同氏によると、売り上げがピークとなる週末でも、1店舗あたり1日100ドルしか売り上げを記録していないという。  同社は現在約1200人以上の従業員を抱えており、欠員の補充を停止 ... [続きを読む]
    • 経済
        2021年3月16日
      ピザカンパニー 飲食業 サービス業
    • シアヌークビル自治港の利益が昨年減少 (c)KT / Chor Sokunthea  シアヌークビル自治港(PAS)の財務報告によると、2020年の利益は54%減の1037万ドルだった。  また、カンボジア証券取引所(CSX)に上場している同社のEPS(1株当たり利益)は2セント(前年7セント)に減少した。  なお、昨年末の株価は1株あたり1.50ドルと前年に比べて35%上昇している。同社の株価は1月4日に史上最高値の1.58ドルに達しており、先週金曜の終値の時点で時価総額は1億3019万ドルとなっている。  PSAPは、カンボジアで唯一の商業深海港で、現在、容量を2倍にする拡張プロジェクトが進行しているほか、敷地が68ヘクタールあるシアヌークビル港経済特区も運営 ... [続きを読む]
    • 経済
        2021年2月16日
      経済特区 シアヌークビル自治港
    • (c)Ministry of Industry, Science, Technology & Innovation  キリロム工科大学は、高等教育機関としては初めて工業科学技術革新省の国立科学技術革新研究所とMOU(合意書)を締結した。  調印式は同省のチョム・プラシッド大臣が主宰した。  このMOUは、スタッフの交流や能力開発、デジタル技術の共同研究開発、中小企業の振興、カンボジアにおける科学技術イノベーションのエコシステムの確立と強化における協力を促進するもの。  これにより将来のカンボジアのデジタルトランスフォーメーションに貢献する上で、キリロム工科大学がさらに重要な役割を果たすことが期待される。
    • 社会
        2021年2月15日
      猪塚武 チョム・プラシット キリロム工科大学 工業科学技術革新省
    • (c)KT/Husain Haider  関係者によると、シェムリアップの観光事業の枯渇により、シェムリアップ水道公社(SRWSA)の収入が大幅に減少している。  現在の水道料金の料率は、財政的に脆弱な市民にも安全な水を提供するために、費用負担の大部分を企業に課すように設定されている。  顧客全体の約40%を占める民間企業からの水道料金収入により水道事業の運営の多く賄っているため、商業消費が大幅に減少したことによる影響が大きくなっている。  昨年のSRWSAの毎月の収入は40~60%減少しているという。
    • 社会
        2021年2月15日
      シェムリアップ 水道 シェムリアップ水道公社
    • 巨額の利益をあげたと発表したアクレダ銀行のイン・チャンニー頭取 (c)KT / Chor Sokunthea  カンボジアの最大手の商業銀行であるアクレダ銀行は、2020年に1億4100万ドル超(対前年比17%増)の純利益を記録した。  11日に公表された同行の報告書によると、税引前利益が1億8000万ドル、税引後純利益が約1億4150万ドル、総資産は65億5000万ドル(前年1.7億ドル)を計上した。特に2020年第4四半期の利益は4312万ドル(前年同期3490万ドル)と好調だった。  同行の副頭取兼CFOのマー・アマラ氏は好調な業績の理由として、受取利息の増加によるものと述べた。
    • 経済
        2021年2月12日
      アクレダ銀行 イン・チャンニー
    • カンボジア品質製品ラベルのデザイン (c)Hean Rangsey  工業科学技術革新省は8日、商品の品質と安全性を示す「カンボジア品質製品」ラベルの申請受付を開始した。  同省は申請の急増を避けるために、早めの申請を呼びかけており、同省担当高官は、「カンボジア品質製品ラベルを貼った商品が消費者から信頼を獲得し、国産品の需要拡大に繋がると期待している」と述べた。 また、同氏は、「民間部門の競争を促し、品質が標準以下である製品が減るだろう」と付け加えた。
    • 経済
        2021年2月11日
      小売業 製造業 工業科学技術革新省
    • (c)PPCBank  現地商業銀行のPPCBankは1日、国内生命保険業界大手のプルーデンシャル・カンボジア(Prudential (Cambodia) Life Assurance PLC)とバンカシュアランス・パートナーシップの業務提携を正式発表した。  同行が持つ広範な顧客ネットワークを通じて高品質な生命保険商品にアクセスする機会を増やし、より多くの人々にとっての将来の経済的不安を軽減し保護することを目的としている。  この提携は、カンボジア国立銀行(NBC)および経済財政省の承認に基づいたもので、国内市場における潜在的な需要の高まりに応えるものとして期待されている。  業務提携の正式発表にあたり、PPCBankのシン・チャン・モー頭取は、「適切なパートナ ... [続きを読む]
    • 経済
        2021年2月4日
      保険業 商業銀行 プノンペン商業銀行 カンボジア国立銀行 PPCBank
    • 手工芸品のデザインから職業訓練を受けている職人  外国人観光客の大幅な減少の影響は、世界遺産のアンコールワットがあるアンコール遺跡公園のチケット販売額が、2020年に1865万ドル(前年比91%減)となるなど、シェムリアップの経済に大きな打撃を与えているが、経営者たちはこうした収入の損失を補うために、国内市場に対応することが重要だと強調している。  ジュエリー会社のガーデン・オブ・デザイアの創設者、リー・ピセット氏は、「2020年は売り上げが90%急減し13年間のビジネスにおいて最低だった。観光客の来店が止まり回復していない」と話した。しかし、同社はプノンペンへの配達サービスを強化することで、昨年4月と比較して売上を2倍に増加させたという。  シェムリアップ周辺の農村の ... [続きを読む]
    • 経済
        2021年2月2日
    • 抗議するシェムリアップ国際空港の元従業員  カンボジアエアポート(SCA)は、労働法に従って補償金が支払われなかったと抗議した従業員161人を、シェムリアップ国際空港のほぼ全てのフライトの運休により財政難に陥っているとしてレイオフ(一時解雇)した。  同社は国内に1200人以上の従業員がおり、2020年4月以降、従業員の7割に自宅待機を許可しながら月給500ドル未満の従業員には給与の全額、それ以外の従業員には給与の80%を補償している。  同社の広報担当者は、「収益の大部分は航空交通量に直接的に依存しているため、将来の回復までの間、事業を維持するために経費を削減することが重要で、退職プログラムを実施せざるを得ない。労働職業訓練省や労働組合と協議し、退職プロセスは法律に準 ... [続きを読む]
    • 労働
        2021年1月28日
      労働職業訓練省 カンボジアエアポート 解雇 レイオフ
    • 非衣料品製造業は12.5%成長すると予測した。(c) KT / Siv Channa  経済財政省は、2021年のカンボジアの国内総生産(GDP)の成長率を4%と予測した。  また同省は2021年の産業別の成長率を、ホテル・レストランなどで0.3%、衣料品産業4.5%、建設業2.9%、不動産業2.7%、農業1.3%、非衣料品製造業12.5%と予測した。  経済財政省の高官は、「中国や韓国との二国間自由貿易協定やRCEPの影響で、外国からの直接投資を引き付けられるだろう。4%の成長は保守的な予測だ」と述べた。  また同氏は、「製造業や農業の基盤が強いカンボジアは、サービス業を中心とした経済より回復が早い」と付け加えた。
    • 経済
        2021年1月28日
      経済財政省 経済成長
    • 毎年恒例の水祭りに開催されるボートレース。昨年はコロナの影響で開催中止となった (c)Sovannara / 新華社  昨日発表された2019年のカンボジア国勢調査によると、カンボジアの人口は約1560万人に達したことがわかった。  総人口は1555万2221人で、前回調査(2008年)から220万人増加(平均年間人口増加率1.4%)した。  男女の内訳は男性757万1837人(48.7%)、女性798万374人(51.3%)。地域別ではプノンペンの人口が212万9371人と最も多く、最も少ないのはケップ州の4万1798人だった。  また、この調査によると、識字率は88.5%と前回調査から10.1ポイント増加した。  15歳以上の就業率は79.1%で、就業者 ... [続きを読む]
    • 統計
        2021年1月27日
      労働者 人口 計画書
    • 移民労働者をシェムリアップ州に移送し検疫を行うワーキンググループ  労働者人権同盟センターが昨年9月に実施した、タイから帰国した472人の出稼ぎ労働者に対する調査によると、労働者のタイに出稼ぎする理由は、「借金の返済」(65.5%)が最も多く、次いで「失業していたから」(62.5%)、「非常に貧しいから」(56.3%)、「農地が少なすぎるから」(45%)、「農地がないから」(41%)だった。  同センターによると、タイには200万人の移民労働者がおり、このうちカンボジア人が圧倒的に多く占めるという。また、昨年、約13万人の労働者がカンボジアに帰国したという。  同センターはこの調査結果を基に、貧困と特定して公的給付や金融機関への返済停止を提言している。  政府は、 ... [続きを読む]
    • 労働
        2021年1月27日
      労働者 貧困 借金 しつ