カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

News & Topics

    • (c)Realestate.com カンボジアの建設セクターは、2023年の最初の5か月間で総額22億7,000万ドルの投資を集め、前年比138%増加したと高官が金曜日に発表した。クメールタイムズ紙が報じた。 国土整備・都市化・建設省の国務長官は、東南アジアの国が今年1月から5月までに1463件の建設プロジェクトにライセンスを供与したと述べた。 また同氏は、「承認された建設プロジェクトの増加は、建設・不動産セクターが新型コロナウイルス感染症のパンデミックで大きな打撃を受けた後、回復し始めていることを示している」と述べた。 同省関係者によると、カンボジアには現在、高層ビル(5階建てから40階建て以上)が2586棟、ニュータウンや住宅団地が547ヶ所、アパートが4万 ... [続きを読む]
    • 経済
        2023年6月26日
      国土整備・都市化・建設省 建設業
    • (c)Shutterstock カンボジアの米国向けアパレル輸出額は2023年1-4月の間に約6億4389万ドルとなり、2022年同期と比べて50.32%減少した。クメールタイムズ紙が報じた。 ズボンとショートパンツが主要な輸出品目であり、総アパレル輸出の31.39%を占めている。 減少傾向にもかかわらず、米国はカンボジアの主要な輸出市場であり、特にテキスタイル製品において重要な存在である。 2022年、カンボジアの総アパレル輸出額は44億3800万ドルであり、国の総輸出額の34.37%を占めており、2022年同期にはアパレル製品を14億9738.7万ドルで輸出していた。
    • 経済
        2023年6月26日
      縫製業 製造業 輸出
    • (c)KT グローバルな経済不況の中で、フン・セン首相は、「カンボジアの経済成長率が今年は5.6%であり、来年は6.6%を希望する」と述べた。クメールタイムズ紙が報じた。 首相はバベット州のマンハッタン経済特区で働く約2万人の労働者に向けて演説し、「衣料品や靴の産業は若干の減少を示しているが、エンターテイメント業界を含む他のセクターは安定した成長を続けている」と述べた。 また、今年の第1四半期の輸出が前年同期比で40%増加し、12億ドル増加したことを示したものの、ロシア・ウクライナ戦争とそれに関連する過度な経済制裁が続く限り、各国の経済は常に不確実性にさらされるとした。
    • 経済
        2023年6月26日
      経済特区 経済成長
    • (c) カンボジアは2022年において国際観光収入が14.1億ドルに達し、内国民旅行者からは6.5億ドルの収入も得られたことを発表した。 この成果により、観光セクターは国内総生産(GDP)の約3.6%を占めることとなった。 2022年には約228万人の国際観光客がカンボジアを訪れ、前年比で1058.6%の増加を記録した。 主な訪問国はタイ、ベトナム、中国、ラオス、アメリカ、韓国、インドネシア、フランス、ロシア、イギリスだった。 カンボジア国内観光客も増加し、1393万人が国内を旅行し、2021年比で198.8%の増加を示しました。 また、カンボジア人の海外旅行者も増え、97万人が海外を訪れ、2021年比で3079.5%の増加となった。 観光業は約3 ... [続きを読む]
    • 観光
        2023年6月23日
      観光客 観光業 観光省 タオン・コン
    • (c)KT カンボジア経済財政省の税務総局(GDT)は、税金徴収システムを改善するためにブロックチェーン技術の導入を検討していると明らかにした。 GDTの総局長であるコン・ヴィボル氏によれば、ブロックチェーン技術はシステムに透明性をもたらす可能性があるが、導入にはインフラ施設や技術の有効性のテストが必要であるという。 GDTは今年の上半期に18億ドル以上の税収を集め、その年の予算目標である35.7億ドルの約51%を達成した。 同氏は、「2024年にはGDTはさらなる厳しい目標である41.6億ドルを目指すことになる」と述べた。
    • 政治
        2023年6月23日
      経済財政省 税務総局 コン・ヴィボル
    • 支持者と会合するサン・チャンシー氏 サン・チャンティ氏がサムランシー党(CP)を脱退し、「国民力党(National Strength Party)」を80人の支持を得て結成した。 同氏は個人の権利として辞職し、新党の結成を内務省に提案した。 国民力党はコンポントム州を拠点に活動し、将来の選挙に備える予定。 同氏は過去に政治活動が禁止されていたが、民主的プロセスと人権の強化に取り組む意欲を示している。
    • 政治
        2023年6月22日
    • (c)KT カンボジア観光省のタオン・コン大臣は、2023年の上半期と下半期を含めたカンボジアの観光セクターの回復と促進計画を検討する会議で、2023年に約216万人の国際観光客と約1600万人の国内観光客が訪れるとの予想を表明した。 これは、2022年と比較して国際観光客は成長率530%、国内観光客は76.4%増加したことを示している。 政府は観光セクターの持続可能性を確保するための戦略や政策を策定しており、観光セクターの復興とサポートに取り組んでいる。
    • 観光
        2023年6月22日
      観光業 観光省 タオン・コン
    • 長城汽車(GWM)カンボジアショールームの開設式典に出席したパン・ソラサック商業大臣 カンボジア商業省のパン・ソラサック大臣は、自動車メーカーを含む中国企業に対しカンボジアへの投資を呼びかけた。 カンボジア・中国の両国間の自由貿易協定が成立したことで、経済の発展に大きな貢献が期待される。 同大臣は、中国最大の私有自動車メーカーである長城汽車(Great Wall Motor=GWM)のカンボジア進出を祝福し、輸入車事業に加えて現地生産や組み立てへの投資を奨励している。 カンボジアは近年、多くの貿易パートナーシップ協定を締結しており、中国との自由貿易協定を特に重視している。 同大臣は、「この協定によってカンボジアの経済が発展し、共同の運命共同体を築くことを期待 ... [続きを読む]
    • 経済
        2023年6月21日
      商業省 中国 パン・ソラサック
    • ホーチミン市内の病院で最新の医療機器を操作する技術者 (c)VNA 6月19日にカンボジアのプノンペン都で行われた観光促進プログラムで、ベトナムのホーチミン市の医療サービスの強みが強調された。クメールタイムズ紙が報じた。 イベントでは、市の文化や食品、特に医療に関連する観光商品が紹介され、ベトナムとカンボジアの企業がパートナーシップを求めるネットワーキングイベントも行われた。 ホーチミン市観光局の副局長は、地元の旅行業者との協力や医療ケアパッケージの支援を強調した。 ホーチミン市は高質な医療人材を有し、131の病院が手頃な費用で健康検査や治療を提供している。 2022年には20万人近くのカンボジア人がベトナムを訪れ、外国人観光客の流入元の中で4位となった。2 ... [続きを読む]
    • 観光
        2023年6月21日
      観光客 観光業 観光省 ベトナム
    • バッタンバンにあるセメント工場 カンボジア・バッタンバン州のロタナック・モンドル地区に、総投資額9500万ドルの新しいセメント工場が建設される予定であると、カンボジア開発評議会(CDC)のプレスリリースが月曜日に公表された。 東方駿馬セメント有限公司(DONGFANG JUNMA CEMENT)が投資し、このセメント工場プロジェクトは地元の人々に980人以上の新しい雇用を創出する予定であると述べられている。 同時に、CDCはキャッサバの加工、医療資材の生産、食品加工、縫製工場、パイプの生産など、他の5つの投資プロジェクトも承認した。 承認された5つの新しい投資プロジェクトは、ウドンメンチェイ州アンロンヴェン地区、コンポンスプー州ボセット地区とサムラオントング地区、 ... [続きを読む]
    • 経済
        2023年6月20日
      バッタンバン州 工場 製造業 カンボジア開発評議会 セメント
    • シアヌークビル自治港。 輸出入のメインゲートウェイ (c)PAS カンボジアの2023年1-5月の貿易総額は192億ドルであり、前年比14%減少していることが政府の統計によって明らかになった。クメールタイムズ紙が報じた。 この期間にカンボジアは約92億ドルの商品を輸出し、前年比2.4%減少した一方、輸入額は約100億ドルであり、前年比22.6%の急落となった。 輸出の減少は地政学的な緊張やCOVID-19パンデミックの影響によるものであると、商業省のパン・ソラサック大臣は述べている。 しかし、年内の残りの期間では状況が改善する見通しとなっている。 カンボジアの主な輸入品は、原材料や建設資材、自動車、医薬品、電子機器、肥料、農薬などであり、主な輸出品は衣料品や ... [続きを読む]
    • 経済
        2023年6月20日
      貿易業 貿易 輸出 輸入
    • 製靴会社の幹部らから説明をうけるイット・ソムヘーン労働大臣 (c)MLVT 中国の靴メーカー、オールウィンシューズ社が製靴工場をミャンマーからカンボジアのコンポンスプー州に移転した。クメールタイムズ紙が報じた。 ミャンマーでの操業に課題を抱えていた同社はカンボジアへの移転を決め、同州サムラオン・トング地区で操業を開始した。同州にはすでに300以上の工場が操業されている。 同社の工場において年間約300万足の靴を生産する予定で、米国を始めとする国際市場に向けて輸出されこととなる。 カンボジア政府は経済の多角化を優先し、海外投資家を引き付けて競争力を高め、安定的かつ包括的な収入をもたらす多くの雇用を創出するために努力している。
    • 経済
        2023年6月20日
      工場 製靴業 製造業 コンポンスプー州 イット・ソムヘーン
    • カンボジア人民党は奉仕への姿勢を変えていない フン・マネット将軍 (c)CNC カンボジア人民党(CPP)の次期首相候補である、フン・マネット将軍、「人民党は過去40年間、国民と国家に奉仕する使命を変えていない」と述べた。クメールタイムズ紙が報じた。 政策改革が進められる中、カンボジア王国の進歩を促進するために行われているとしながらも、フン・マネット将軍は、「私たちカンボジア人民党は、国家が約束を果たすだけでなく、変化する状況に適応し続けている。私たちは国家と国民のために新たな成果を追加し続ける。これが私たちの政策の約束だ」と述べた。 昨年6月5日の地方議会選挙で人気投票の74.32%を獲得したことを踏まえ、国民議会の125議席のうち少なくとも104議席を獲得できる ... [続きを読む]
    • 政治
        2023年6月16日
      選挙 フン・マネット 国民議会選挙
    • NBC発表、リエルの年平均成長率は16.6% (c) KT/Chor Sokunthea 今年3月に副総裁へ昇任したカンボジア国立銀行(NBC)のチア・セレイ氏は、「過去20年間でリエルの需要が着実に増加し、年平均16.6%の成長率を示している」と述べた。 NBCはリエルの重要性を広めるために様々なキャンペーンを展開しており、リエルの使用に関する公衆の意識を高めることに取り組んでいる。 NBCが2018年に開始したBakongシステムは地元通貨の利用増加につながる可能性があり、デジタル決済システムが地元通貨を強化し、利用者の包摂性を促進し、外部要因への依存を減らす例となっている。 NBCの報告によれば、2022年までの決済システムのインフラは大幅に成長し、金融包摂 ... [続きを読む]
    • 経済
        2023年6月16日
      リエル ドル化経済 チア・セレイ カンボジア国立銀行
    • プノンペン-シェムリアップ高速道路の実現可能性調査がまもなく開始 (c)AKP 中国はカンボジアの精白米の世界最大輸入国となり、市場シェアの半分以上を占めるようになった。中国への出荷量は10年前の3%に比べて急増し、今後もその支配力を強めることが予想されている。 2022年上半期には16万8280トンの精白米を中国が購入し、カンボジアの総輸出量の51.4%を占めた。2023年年初から中国への精白米販売は約20万トンに達し、カンボジアの精白米の公式年間無税クォータ(40万トン)の半分に相当する。 2019年には、中国市場に輸出されるカンボジア産の果物として初となる、バナナの輸入許可を中国当局から与えられた。これにより中国企業からのプランテーションへの投資が促進された。20 ... [続きを読む]
    • 経済
        2023年6月13日
      農業 農林水産省 中国 バナナ
    • プノンペン-シェムリアップ高速道路の実現可能性調査がまもなく開始 (c)AKP 首都プノンペンとシェムリアップ州を結ぶとされるカンボジアで3番目となる高速道路の実現可能性調査が間もなく開始される。クメールタイムズ紙が報じた。 公共事業運輸省がは28日、プノンペン都と州知事に対し、実現可能性調査を実施する中国企業と協力するよう要請した。 カンボジア初となるプノンペンとプレアシアヌーク州シアヌークビルを結ぶ高速道路が昨年10月1日に一般公開され、2本目となるプノンペンとスバイリエン州バベットを結ぶ高速道路は今年建設される。
    • 経済
        2023年3月30日
      公共事業運輸省 シアヌークビル 高速道路 プノンペン