カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月28日
  • カンボジアニュース

中国鉄道会社 カンボジアへの事業拡大を計画[経済]

 中国湖南省株洲市にある鉄道、軌道車輛の設計、製作を行う中国中車のグループ企業、株洲電力機車有限公司(CRRC Zhuzhou Electric Locomotive Co., LTD.=CRRC ZELC)は、中国政府のインフラ輸出政策に貢献しながらカンボジアの鉄道システムを改善するための実現可能性調査を実施するという。クメールタイムズ紙が報じた。

 CRRC ZELC副社長は、「タイやマレーシア、ベトナムには既に進出しており、習近平国家主席の「一帯一路」構想の下、ASEAN加盟国すべてに進出する。カンボジアでの事業連携の可能性と投資に向けて調査する」と語った。

 2010年には、中国所有企業のカンボジア鉄鋼工業グループと中国鉄道グループが、プレアヴィヒア州の鉄鋼工場だけでなく11の駅につながる鉄道線の建設に向け、96億ドル相当の合弁会社を契約。費用はコッコン州の新たな橋と港の建設にも充てられるという。しかし、プレアヴィヒア州の鉄鋼工場には16億ドルかかるとされているが、今のところ何も動いていない。

 中国企業は70億ドル、400キロメートルにもわたるラオスへの高速鉄道を建築しており、タイに繋がる線路の契約も獲得しようとしている。

関連記事
法律
物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]
(11日)
経済
来年から輸出コストの引き下げ カンボジア[経済]
(11日)
社会
プノンペン 2018年4月より水上バスサービス開始か[社会]
(04日)
経済
カンボジア-タイ間の鉄道 年末にも合意か[経済]
(10月10日)
経済
中国スカイ鉄道グループ プノンペンにスカイトレイン計画を発表[経済]
(09月29日)
経済
カンボジア内務省 中国の援助を受けて政府系テレビ局を開設[経済]
(09月28日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース