カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月20日
  • カンボジアニュース

衣料品メーカーGTI、売上高が対前年112%と急上昇。しかし株価は反応せず[経済]

 カンボジア証券取引所(CSX)11月17日のファイリングによると、台湾所有の衣料品メーカー、グランドツインズインターナショナル(GTI)の今年第3四半期の売上高が、前年同期比122%の急上昇を見せた。

 売上高は、前年同期の750万ドルから1700万ドルに、一方純利益は40万ドルに比べ100万ドルに増加した。

 しかし、上場以来、下落の一途をたどるGTIの株価は、好業績にもかかわらず、その後も全く反応がなかった。

関連記事
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(19日)
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
日系
デンソー プノンペン経済特区に新工場の建設へ[日系]
(07日)
経済
タイのインスタント麺メーカー 工場設立に向けカンボジアに土地購入[経済]
(06日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
1万軒の工場が入居可能 プレア・シアヌーク州に大規模な経済特区を建設予定[経済]
(12月26日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース