カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2018年1月29日

最大の目標は、世界におけるカンボジアのプレゼンスを上げること[観光・飲食]温井 和佳奈(3/3)

飲食・観光

アメージングカンボジア AMAZING CAMBODIA
代表取締役: 温井和佳奈 Nukui Wakana
今や観光大国になりつつあるカンボジアでは、小売市場の発展も重要だ。
メイドインカンボジアの上質な商品を提供するお土産ショップとして、知名度、人気を博しているAMAZING CAMBODIA(アメージングカンボジア)。カンボジアに観光に来た人は、一度は訪れるであろう人気店の代表である温井和佳奈氏に、カンボジアの小売産業やものづくり産業の現状、開店3年半でここまで事業を大きくさせた秘訣について話を伺った。(取材日:2017年10月)
生産においても、危機意識が全く異なる

前回の続き
――カンボジア人資本のものづくり企業は多いのでしょうか?

温井 和佳奈(以下、温井)品種別に違いがあります。偏りがある回答になるかもしれませんが、例えばお土産のお菓子やドライフルーツなどの加工食品系は、カンボジア人資本の企業もありますが、カンボジア人100%の企業は少ないと思います。働いている人が全員カンボジア人なのでカンボジア系企業かと思うと、トップは外国人の場合が多く、特にマネジメントがスムーズな企業は、欧米人という印象があります。それらの企業の多くは、ソーシャルビジネスで元々はカンボジアの問題解決に動いていた人たちが多い印象です。

 危機意識という意味では、それはカンボジア人が育ってきた環境をイメージすれば、先進国並みの衛生管理やにクオリティコントロールができる体制をつくることは難しいと思います。見たこともないことをやれと言われても、なかなかイメージがつきにくいと思います。 日本では冷蔵庫の中に土足で入って写メをしたことが問題になり、その店は閉鎖に追い込まれたという話をしていましたが、彼らにとっては理解しにくいようです。そのため同じ観念を持ってもらうには時間をかけるとして、業務フローを随時チェックを行い対応していくなど、カンボジア人がやりやすい環境で進めていける環境が重要だと思います。

 もちろんそこらの外国人経営者よりビジネスが上手く、 マネジメントできるカンボジア人はいますが、加工食品などは外国人が技術や管理指導を行い、カンボジア人がそれについて学ぶ時期だと思います。一方で、カンボジア資本のビジネスはやはり圧倒的に強いという印象も同時にあります。今後、この国の教育が横に広く充実したら、本当に素晴らしいカンボジア人の起業家や経営者がたくさん誕生するのではないかと思います。

夢のマイルストーンを描いてもらう

――海外企業が事業を行う際、留意すべき点があれば教えてください。

温井 またカンボジア人は離職率が高いという声も多く聞きますが、私はスタッフとの付き合い方やビジョンをどこまで共有し、同じ目的を持てるかによると考えています。弊社でも辞める人はいますが、古株スタッフは創業時の2014年から一緒に働いてくれています。共に取り組んでいる、乗り越えているという感覚をカンボジア人に感じてもらえるようにすることが大切だと思います。そして今の仕事が、各スタッフの夢につながるマイルストーンを描ける環境であれば、離職率は低くなると思います。これらはカンボジア人に限らず、世界共通だと思います。

マーケットの小ささがカンボジアビジネスの魅力

――カンボジアビジネスの魅力は何だと考えますか?

温井 そのマーケットの小ささです。人口たった1500万人のカンボジアに、世界の大企業が参入する可能性は低いと感じています。日本で業界NO.1を目指すのは難しいですが、カンボジアでは、私たちのような小さな企業がNo.1を目指すと決めたら、大手の脅威をあまり意識せずに実現できるのではないかと思えることです。

 またカンボジアはタイに20年遅れているといわれていますが、20年先の未来を数時間で見に行けるのも魅力的ですね。

カンボジア初のアメイジングストーリーを作成

――御社の今後の事業展開を教えてください。

温井 長期的には3段階あります。私たちのビジョン「Proud Cambodia, Cambodia to the World」を実現するには、1段階に現在の店舗事業、2段階目は教育、3段階めは世界へ広めるためのコンテンツが必要と考えています。

 短期的には、それなりの売上がたつお店を3店舗つくることを目標としています。弊社スタッフが5年ごに店舗経営したいと言っているので、ノウハウ提供を行い提携をしていきたいと考えています。更に、商品開発事業においては更なる販路開拓をし販路を広げたいと思っています。

 また2段階目のスモールビジネスの立ち上げや店舗マネジメントに必要な経営やデザインやブランデイングについて学ぶことのできる場をつくることで、カンボジア社会の人材スキルアップに貢献しながら、弊社にとっても必要な人材を確保しやすくなります。

 いよいよ3段階目には、カンボジアのものを世界に出していくためには、もっとカンボジアのことを世界の人に知ってもらうきっかけが、もっともっと必要だと痛感しています。新しい取り組みとして、カンボジアを舞台にしたストーリーをつくりコンテンツの発信を行っていきたいと考えています。世界の人々にまず、カンボジアへの興味を持ってもらうことができないかと模索しています。カンボジアには旅行者が世界一と評した世界遺産、アンコールワットがあります。その歴史は謎に包まれていて、近年研究が進み、アンコールワットは世界で一番大きな都市だった可能性があることもわかってきました。

 読み手がストーリーからカンボジアの歴史や文化を学ぶことができるだけでなく、人生が学べるようなコンテンツをつくれたらなと思います。

 最大の目標は、世界におけるカンボジアのプレゼンスを上げることです。


――読者のみなさんにメッセージをお願いします。

温井 とにかくまずは、1度カンボジアに来てほしいです。カンボジアに初めて来たという人たちを数多くご案内してきましたが、ほとんどの人が「アメージング!」という感想を持ってくれます。想像と全く違うカンボジアを体験してもらえたら嬉しいです。


アメージングカンボジア AMAZING CAMBODIA
事業内容:小売、土産店
URL: https://amazing-cambodia.com/

その他の「飲食・観光」の業界インタビュー