カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年10月3日
  • カンボジアニュース

都市バス 新たに5つのルートを発表 カンボジア[社会]

20181003
(c)Khmer Times

 シティホールは、1日、日本政府によって提案を受けた新たな5つの都市バスのルートを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 日本政府は、バス100台を寄付しており、そのうちの60台は既に運行されている。プノンペン都知事は、「シティホールは、100台全てのバスを市民に向けて、特に貧しい人々に向けてのサービスとして使いたい。また、これによって都市の交通渋滞を緩和したい」と述べた。

 また、プノンペンバス交通会社の関係者によると、都市バスは、1日につき2万人から2万1000の人々が利用しているという。

関連記事
経済
新しい物流センターの建設計画 カンボジア[経済]
(06日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
経済
カンボジア貨物運送業者 電子取引の受け入れを計画[経済]
(08月21日)
経済
物流部門の世界ランキングでカンボジアは下位なるも業界は好調[経済]
(08月08日)
社会
プノンペン―海岸部を結ぶ、国道3号線の拡張工事が始まる[社会]
(05月11日)
社会
プノンペン都知事 主要道路における大型トラックの使用を禁止[社会]
(09月06日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース