カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月26日
  • カンボジアニュース

1万軒の工場が入居可能 プレア・シアヌーク州に大規模な経済特区を建設予定[経済]

news_201712263
(c)Khmer Times

 カンボジア政府は、プレア・シアヌーク州に、1万軒の工場を入居できる大規模な経済特区を建設する。クメールタイムズ紙が報じた。

 フン・セン首相は閣議で、シアヌークビルの発展と工業化に取り組むため、工業手工芸省観光省国土整備・都市化・建設省環境省経済財政省などの関係省庁で構成された共同作業部会の設立について説明した。

 工業手工芸省のチョム・プラシット大臣は、同州に1万軒もの工場ができると推測しつつも、ハードとソフトの双方のインフラについて懸念しており、同州の発展に足る十分な貯水地が無い点を指摘し、「水資源気象省に新たな貯水池の選定を依頼する」と述べた。

 この閣議では、カンボジア開発評議会ソク・チェンダソピア事務局長が、カンボジアの産業部門は現在GDPの29%を占めることを明らかにし、2025年までには30%を達成できるという。

関連記事
経済
シアヌークビル自治港、2020年の利益は54%減 カンボジア[経済]
(02月16日)
経済
世銀、カンボジア経済は2021年に回復すると予測[経済]
(12月17日)
経済
コンポンスプー州に中国系製鉄所が操業 カンボジア[経済]
(12月03日)
経済
9月末時点で150万台以上の自転車を輸出 カンボジア[経済]
(11月05日)
経済
旅行用品の輸出は2020年に10億ドルに達する見込み カンボジア[経済]
(21日)
労働
スヴァイリエン州では1万人以上の労働者が休職 カンボジア[労働]
(07月08日)
あわせて読みたい
特集
ウン・コンターパヴィー女性大臣が語る、女性の社会経済的エンパワーメント
特集
パン・ソラサック商業大臣が語る、商業部門の未来と日本への期待
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース