カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年9月3日
  • カンボジアニュース

カンボジア料理・クイティウの普及のため、ブランド立ち上げ[経済]

news_201709022
(c)Khmer Times

 政府は、国内外で有名な麺料理を作るために、プノンペン・クイティウ(Phnom Penh kuyteav)ブランドを立ち上げる予定だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 商業省の広報官によると、31日、プノンペンのクイティウをどうやって普及させるかについて情報交換をするため、民間部門との最初の協議が行われた。

 同氏は、「ベトナムはフォーを持っており、中国もさまざまな種類の人気の麺料理を持っている。カンボジアには独自の麺料理がないのはおかしなことだ」と話した。

 会談に参加したカンボジアホテル協会のディン・ソムテアリアット氏は、プノンペン・クイティウに対する政府の計画を支持し、「プノンペン・クイティウは、すぐにベトナムのフォーやタイのソムタムのような世界的有名料理の中に加わるだろう」と語った。



 大手コメ精米・輸出業者の1つであるアムル・ライスのCEO、ソン・サラン氏も、「より多くの地元製品を宣伝することは良い動きだ」とこの取り組みを歓迎。同社はまた、地元の市場向けに米麺を生産し、いずれはヨーロッパに輸出する予定があるとし、「メイド・イン・カンボジアがアムルライスの包装で海外において有名になることを願っている」と付け加えた。

 香り豊かなプノンペン・クイティウは、カンボジア人の心の中で特別な場所を占めており、ほぼすべての街角で見つけることができる。商業省の広報官は、「元々、プノンペン・クイティウの品質には一貫性がないため、この人気あるカンボジア料理の基準を設定する必要がある」としたうえで、「この問題についてさらに話し合うために、人気のある店舗やメーカーなどのすべての売り手に対し、省庁関係者と民間部門と一緒になって議論に参加してほしい」と述べた。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース