カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年12月19日
  • カンボジアニュース

カンボジアの道路の半分以上が「粗悪」と分類 公共事業運輸省[社会]

news_201712194
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアでは6000キロメートルの道路の半分以上が公共事業運輸省により「貧素」または「粗悪」な品質と分類されている。プノンペンポスト紙が報じた。

 ある運輸コンサルタントは、「カンボジアでは建築業者の技術は古いことが多く、しばしば現場の監督が不十分であったり、未熟な労働者によって建設されている。ほとんどの道路で品質が悪いのは、資金不足が要因だ」と指摘した。

 現在、カンボジアにおいて全道路の70%は中国からの資金提供を受け、中国企業により建設された道路であり、安価な工法を採用して建設されている。

関連記事
社会
プノンペン-カンダール州を結ぶ環状道路3号線が着工[社会]
(20日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(16日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(04日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(03日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
プレアシアヌーク州当局が放置する建材を強制撤去[経済]
(12月25日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース