カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年7月25日
  • カンボジアニュース

シェムリアップ州 日本の支援でパブストリートに防犯カメラ設置へ[日系]

news_201707252
(c)Khmer Times

 シェムリアップ州は、観光客に人気のあるパブストリート沿いに日本からの援助で防犯カメラを設置する計画だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 副市長は、日本の民間企業であるミネベアがこのプロジェクトを研究し、防犯カメラの導入を進めているとし、「いつ導入されるかは未定だが、日本政府との最終合意を待っている。日本政府の国家予算案の承認までは実現しないかもしれない」と話した。

 現在、パブストリートのエリアには20台以上の防犯カメラがあり、当局はさらに30台のカメラを設置する予定だ。シェムリアップ州の副知事は、「古い防犯カメラを修理し、観光客の安全を確保するためにさらに追加する」と話した。同氏によると、毎日5000人から7000人がシェムリアップを訪れ、その半数以上がパブストリートを訪れているという。

関連記事
観光
タオン・コン観光大臣、ゼロドル観光の企業を非難[観光]
(16日)
観光
シハモニ国王誕生日の観光客数が急増 カンボジア[観光]
(05月16日)
観光
エアアジア、ドンムアン国際空港とシアヌークビル国際空港に直行便[観光]
(04月24日)
観光
クメール正月中、国内外の観光客数が約500万人に登る カンボジア[観光]
(04月19日)
観光
シェムリアップ州 さらなる観光客ニーズを求める カンボジア [観光]
(04月10日)
経済
ハイト眞露 カンボジアでの焼酎の売上が大幅増[経済]
(02月07日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース