カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年7月25日
  • カンボジアニュース

シェムリアップ州 日本の支援でパブストリートに防犯カメラ設置へ[日系]

news_201707252
(c)Khmer Times

 シェムリアップ州は、観光客に人気のあるパブストリート沿いに日本からの援助で防犯カメラを設置する計画だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 副市長は、日本の民間企業であるミネベアがこのプロジェクトを研究し、防犯カメラの導入を進めているとし、「いつ導入されるかは未定だが、日本政府との最終合意を待っている。日本政府の国家予算案の承認までは実現しないかもしれない」と話した。

 現在、パブストリートのエリアには20台以上の防犯カメラがあり、当局はさらに30台のカメラを設置する予定だ。シェムリアップ州の副知事は、「古い防犯カメラを修理し、観光客の安全を確保するためにさらに追加する」と話した。同氏によると、毎日5000人から7000人がシェムリアップを訪れ、その半数以上がパブストリートを訪れているという。

関連記事
観光
旅客数は初めて1000万人を突破 カンボジア[観光]
(16日)
観光
アンコール遺跡群の観光チケットの販売収入 8%増加[観光]
(02日)
社会
下水道プロジェクトが進行中 カンボジア[社会]
(12月10日)
経済
電力のアクセスを強化する新たな融資 カンボジア[経済]
(12月01日)
経済
水祭り参加者 昨年と比べ50パーセント増加 カンボジア[経済]
(11月26日)
経済
水祭り期間 シアヌークビルは観光客伸び悩みか カンボジア[経済]
(11月21日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース