カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

News & Topics

    • (c)Khmer Times  フィリピンのセブ島、マニラを拠点とする格安航空会社、セブパシフィック航空は、シェムリアップとの往復便を停止した。これによりカンボジアとフィリピンの航空路線を提供しているフィリピン航空会社は1社のみとなった。クメールタイムズが報じた。  先週のフィリピンのマスコミ報道によると、同社の広報担当者は、「路線の実行可能性が懸念された」と述べており、停止の主な理由が利益を出すことが難しくなったためとされている。  セブパシフィック航空は、シェムリアップの観光名所であるアンコール・ワット遺跡群を訪れるフィリピン人観光客の数が増加している中、2012年に就航した。  今回の停止により、カンボジアへ直行便を提供している航空会社は、フィリピン航空(P ... [続きを読む]
    • 観光
        2019年12月9日
      フィリピン 直行便
    • (c)Khmer Times  首都プノンペンとシアヌークビルを結ぶカンボジア初の高速道路の建設が、起工後ほぼ1年が経過した時点で7%完成している。  公共事業運輸省によると、建設は予定通り進んでおり、主要な作業は2020年初頭に開始され、2023年初頭までに完成予定だ。建設は今年3月に19億ドルの予算で開始されている。  同省広報官は、「開発者が機械の輸入や、労働者の宿泊施設の建設で忙しく、高速道路の建設は未だ初期段階だ」と述べ、「今後3か月以内に、道路の建設を本格的に開始する」と付け加えた。  この高速道路は、チャイナ・ロード・アンド・ブリッジ・コーポレーションの子会社、PPSHVエクスプレスウェイ社が建設している。プノンペン都のプーセンチェイ区から建設が始ま ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年12月9日
      物流業 高速道路
    • (c)Khmer Times  プノンペンの新しい国際空港の建設が順調に進んでおり、早くとも2023年に完成する可能性がある。クメールタイムズが報じた。  業界首位のカナディア銀行の会長であり、不動産開発大手OCICの代表でもあるプン・キエウサエ氏は、「現在、空港の基礎の建設に着手しており、環境への影響を評価している」と述べ、「土地に問題がなければ、空港は2023年までに準備が整う」と付け加えた。  OCICは、首都東部にあるダイヤモンド島の開発や中心部にあるオリンピアシティ、チョロイチャンバーでの衛星都市計画など、多くの大規模プロジェクトを手掛けている。  カンボジア不動産協会のチレク・ソクニム会長は、「新空港が完成すれば、カンボジアの不動産や建設部門はより多く ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年12月6日
      カナディア銀行 カンボジア不動産協会 プン・キエウサエ 空港
    • (c)Khmer Times  国土整備・都市化・建設省によると、今年のカンボジアの建設部門への投資額は約93億ドルと、前年と比較して78%増になる見込みだ。クメールタイムズが報じた。  同省のチア・ソパーラー大臣が5日に開催された第8回カンボジア国際建設産業博覧会の場で、「中国からによるプレアシアヌーク州への投資が多い」と延べ、「投資額の増加は、経済の大幅な成長と政治的安定に起因している」と付け加えた。  同省の報告書によると、今年1月から11月までの間の建設投資額は87億5000万ドルで、前年同期と比較して67.44%増加している。このうち半数近くが外資からによるもので、中国を筆頭に、韓国や日本、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、仏国、米国、英国、豪州、カナ ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年12月6日
      シアヌークビル チア・ソパーラー 中国企業 国土整備・都市化・建設省
    • (c)Khmer Times  首都プノンペンにはすでに交通カメラと防犯カメラに設置されているが、今後は交通量増加や犯罪の抑制の必要性から、シアヌークビル市にも設置される。クメールタイムズが報じた。  設置台数は、市内中心部に500台、新しく建設された国道34号線沿いに100台の合計600台。プレア・シアヌーク州警察本部の管轄となる。来年7月か8月に準備が整うという。  シアヌークビルの治安は、中国からの投資とともに流入した中国人によってしばしば脅かされている。  最近の国家警察の報告書によると、プノンペンとシアヌークビルのそれぞれ約10万人を含む約25万人の中国人がカンボジア国内に居住している。 (さらに…)
    • 社会
        2019年12月5日
      シアヌークビル プレア・シアヌーク州 中国人 治安
    • (c)Khmer Times  労働職業訓練省のレン・トン労働安全衛生局長は4日に開催されたワークショップで、「現在1000社以上の企業の8割が診療所を持っている。来年末までに診療所の設置率を98%にする目標を設定するとともに、企業が遵守しているかどうかを確認するためにチェックを行う」と述べた。クメールタイムズが報じた。  同氏によると、50人以上の労働者を雇用する企業には大規模な診療所が必要であり、20人~49人の労働者がいる企業には保健室、20人未満の企業には十分な備蓄された救急箱が必要であるという。  また、「社内の診療所は、職場で負傷したり病気になった従業員を迅速に治療できるようにし、重篤な状態にある場合は急いで病院に搬送しなければならない」と付け加えた。 ... [続きを読む]
    • 労働
        2019年12月5日
      イット・ソムヘーン 労働者 労働職業訓練省 医療 集団失神
    • (c)Khmer Times  武器以外の全品目を無関税でEUに輸出できる「EBA協定」の適用が取りやめとなる可能性があるにもかかわらず、縫製工場が増えている。クメールタイムズが報じた。  2018年から2019年にかけて、豪州に拠点を置くQLM社は、カンボジアに150万ドルの工場を建設。また、香港証券取引所で上場している中国企業の申洲国際集団(Shenzhou International Group) Holdingsは、プノンペン経済特区内に1億5000万ドルの縫製工場の建設を開始し、2021年に完成予定だ。  「ASEAN Investment 2019」によると、過去2年間に17の縫製工場がカンボジアに設立され、1万1502人の雇用を創出しており、主に香港や日本 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年12月4日
      EBA カンボジア縫製業協会 工場 縫製業 製造業
    • (c)Khmer Times  カンボジア・シェムリアップ州で世界公共雇用サービス協会(WAPES)が主催によるアジア太平洋地域会議が開催され、「公共雇用サービスのデジタル化」をテーマに2日間に渡りセッションが行われた。クメールタイムズが報じた。  移民の労働市場への参入に関わる公共雇用サービスの意思決定者や専門家、公共雇用サービスのデジタル化に関心のある国際機関の代表者、NGOなど、12カ国から約400人が参加した。  労働職業訓練省のイット・ソムヘーン大臣はこの会議について雇用市場サービスのデジタル化促進に向けた技術や経験を共有する重要な機会であると指摘し、「特にカンボジアのように、公共雇用サービスを始めたばかりで、完全なデジタル化に向けて努力している国にとって有用 ... [続きを読む]
    • 労働
        2019年12月4日
      イット・ソムヘーン 労働職業訓練省
    • (c)Khmer Times  ザ・ピークのデベロッパーであるオクスリー・ジェム(カンボジア)は11月30日の声明で、ザ・ピーク建設は、中国の神州長城国際工程有限公司(SINO)に代わり、中国鉄道都市建設グループ(CRUCG)が主な請負業者となることを正式に発表した。クメールタイムズが報じた。  オクスリ―・ジェムは、SINOの打切りについて、「建設が滞りなく進められるためには、財政的が健全で相応しい主要請負業者を選ぶ必要があった」とし、「プロジェクトの完了予定日には影響が出ないようにしていきたい」と述べた。  チョムカーモン区の中心地トンレ・バサック地区に2015年から建設中のザ・ピークは、オクスリ―・インターナショナル・ホールディングスとワールドブリッジ・ランドの共 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年12月2日
      不動産業
    • (c)Khmer Times  経済財政省次官のパン・パラー氏は昨日28日の記者会見で、カンボジアにおける過去数十年の堅調な経済成長が、国民に多様な機会や裨益をもたらしたと述べた。クメールタイムズが報じた。  カンボジアは過去20年に渡り平均7%の経済成長を遂げ、今年も7%が見込まれている。  パン・パラー氏は、「富の公平な分配」によってカンボジア人の収入や生活水準は向上し、より長く、より安心安全に生きられるようになったと述べ、貧困率が2004年の52%から現在の10%にまで劇的に低下した点、ジニ係数が2009年の0.34から2017年の0.29に低下した点に触れた。
    • 経済
        2019年11月29日
      経済成長 貧困率 ジニ係数 経済財政省
    • (c)PPCBank  PPCBank(プノンペン商業銀行)は、全北銀行(韓国)、クメール視力財団との共同による医療支援プロジェクト「ニュービジョン2019」を2019年11月20日~23日の期間、プノンペンおよび周辺各州を含む複数箇所で実施した。  昨年実施された同イベント「ニュービジョン2018」では、韓国からのボランティア医師と看護師の医療チームによる診断・治療が400名以上のカンボジア人患者に施され、そのうち84名が視力を完全に回復。  低所得層カンボジア人患者を対象にした“視力の贈り物”として、高度な医療技術による目の検査および手術が本年も無償で提供されている。 (さらに…)
    • 社会
        2019年11月27日
      PPCBank プノンペン商業銀行 ボランティア 社会貢献
    • (c)Khmer Times  国会は26日、2020年国家予算法案を全会一致で承認した。クメールタイムズが報じた。  法案によると、2020年国家予算は前年より22%多い82億ドルを予定しており、国会本会議に出席した123議員のうち108名に承認された。法案は、承認のため上院に提出される。  経常支出に48億ドル、公共投資や債務返済を含む資本支出には33億ドルが割り当てられているほか、政府職員の給与として21億ドルが支出される。また、経済部門には18億ドル、社会部門に19億ドル、治安・公的秩序を含む国防関係には11億8000万ドル、総務に6億2000万ドルが充てられている。  また、この歳出を賄うため、政府は昨年より24%多い65億ドルの歳入を目指しており、残額 ... [続きを読む]
    • 政治
        2019年11月27日
      国家予算 国家予算法案 2020
    • (c)Khmer Times  今月24日から3日間に渡りプノンペンで開催されたASEANバンキング・カンファレンスが開催された。東南アジアの銀行家は業務改善のためデジタル革新に注力することが求められている。クメールタイムズが報じた。  「ASEANコネクティビティ2025:『1つのASEAN銀行部門』を目指す、デジタル革新の新しい世界」と題された今回のカンファレンスには、ASEAN諸国の上級専門家らが出席し、銀行及び金融サービスのデジタル変革に焦点が当てられた。  カンボジア国立銀行(NBC)のチア・チャント総裁は、「テクノロジーの発達によって、ASEANやカンボジアの銀行部門は拡大し強化された。銀行や金融機関は、テクノロジーを取り入れ新しい金融商品やサービスを開発し ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年11月26日
      アクレダ銀行 イン・チャンニー カンボジア国立銀行 カンボジア銀行協会
    • (c)Khmer Times  労働職業訓練省のイット・ソムヘーン大臣は、企業の、来年の外国人労働者募集に関する許可申請の締切日を、今月末から来月末に延長した。クメールタイムズが報じた。  22日に発表された声明で、大臣は、自動労働力データ管理システムの導入に関する2016年の労働法の指令では、すべての企業は11月末までに翌年の外国人労働者募集の許可申請をしなければならないと指摘した。     大臣は、「申請が遅れている企業や事業所が見受けられるため、今年の締切は12月末に延長した。許可申請をせず違法に外国人労働者を雇用した企業に対しては、労働法第16章の規定に基づいて対処し罰金が科せられる」と述べ、雇用主は12月31日までに2020年の外国人労働者募集の許可申請をするよ ... [続きを読む]
    • 労働
        2019年11月25日
      イット・ソムヘーン 労働職業訓練省
    • (c)Khmer Times 租税総局(GDT)のコン・ヴィヴォル総局長は21日、欧州商工会議所(EuroCham)が主催するタックスフォーラムで、今年の徴税額がすでに25億ドルに届いており、今年の徴税目標額を5%超えたと発表した。クメールタイムズが報じた。 GDTによると、今年は支払いを自動化する電子ファイリングシステムの導入等、効果的な納税プロセスを確立するために新たな改革が複数なされた。 総局長は「外資系企業が監査のターゲットとなっているのではという懸念の声を聞くが、それは正しくない」と述べ、GDTが国内すべての企業を公平に扱っていることを主張した。 税制に関する懸念や課題に対処するための新しい政令が策定進行中で、来年には公式に発表される予定である。 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年11月22日
      税収 徴税 Eファイリング オンラインファイリング 電子ファイリング GDT 租税総局
    • (c)Khmer Times 政府は今週、カンボジアのエコツーリズムを後押しする戦略を立ち上げた。農村地域の人々の生活を向上させ、国の天然資源保護の一助を担いながら、このセクターの収益向上を目指す。クメールタイムズが報じた。 第1回ナショナル・エコツーリズム・フォラム開催中の19日に立ち上げられた2019-2030エコツーリズム・ポリシーは、カンボジアの観光商品を増やすことを目的に、国内のエコツーリズム・コニュニティ数の増加を目指している。 政策立ち上げに際し観光省大臣は、カンボジアには2300の農村地域があり、そのほとんどが農業、漁業、森林保護に貢献しているが、観光サービスの機能を持つのは123地域のみであると指摘した。観光省、環境省、農林水産省の3省が協働し、農村地 ... [続きを読む]
    • 観光
        2019年11月21日
      観光 エコツーリズム 農村 コッコン 観光省 観光省 農林水産省
    • (c)Khmer Times 世界銀行は19日、新たなレポートでカンボジアの堅調な経済成長に触れ、この成長を持続可能なものにするためには包括的な政策改善が必要であると発表した。クメールタイムズが報じた。 レポートによると、カンボジアの労働人口のうち80%が労働しているものの、すべての職のうち94%が低スキルの職業であり、マネージャーや専門職は5%に満たない。 世界銀行東アジア・太平洋地域のリード・エコノミスト、ウェンディ・カニンガム氏は、カンボジアの雇用市場に影響を及ぼす4つの重要な変化を、中流階級の増加、国際取引パターン、知識集約型の職業の増加、自動化であると説明し、カニンガム氏とクレア・H・ホルウェグ氏の2者は、既存の教育と雇用の枠組に沿った7つの職業固有の政策を作 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年11月20日
    • (c)Khmer Times フンセン首相は16日、プレアシアヌーク州には新たに4つの経済特区(SEZs)が増え、工業団地の総数は9つとなり、投資の後押しとなるだろうと述べた。クメールタイムズが報じた。 プレアシアヌーク州には現在5つの経済特区がある。業界関係者によると、新たに設けられる経済特区には外国のビジネスがより多く参入できるよう促される予定であるという。 カンボジア運送業者協会(CamFFA)のシン・チャンティ会長は18日、「経済特区は主に製造会社を誘致し、雇用を生み出し、国外への輸出を増やす。近年州内で見られる交通面の課題についても、政府は必要なインフラ整備に注力している」と、州内34の道路の補修・拡大のための2億9400万ドル規模のプロジェクトについても触れ ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年11月19日
      シアヌークビル プレアシアヌーク 経済特区 工業団地 経済
    • (c)Khmer Times フンセン首相は17日、シアヌークビルにおける汚水処理の課題への取り組みや、海への汚水流出防止のため、政府は1億7000万ドルを追加で割り当てる予定であると述べた。クメールタイムズが報じた。 首相は昨日フェイスブックの投稿で、観光客や人口の増加によりシアヌークビルで下水処理の問題が深刻化していることに触れ、政府が浄水プロジェクトに1億7000ドルを追加する意向と、中国からすでに6億ドルの援助を受けている旨を述べた。また市民へ向けて、正しいごみの処理や、ビニール袋等の海へのポイ捨て防止、市内国内の美化を呼び掛けた。 プレアシアヌーク州内では汚水の海への流出を防ぐための水処理施設を4棟建設中であるが、4施設だけでは行き届かない地域が残り、汚水 ... [続きを読む]
    • 政治
        2019年11月18日
      シアヌークビル プレアシアヌーク 下水 汚水 下水処理 環境 中国
    • (c)Khmer Times  深セン・アーバンプランニング・アンド・デザイン・インスティテュートは、シアヌークビルを現代的な大都市に変えるマスタープランの着手を委託されている。クメールタイムズが報じた。  同研究所は、都市が抱える課題を実利的に解決することにフォーカスし、計画、コンサルティング、研究、設計を行う機関で、1990年の設立以来、深センで3500以上のプロジェクトを完了させ、国内外200以上の場で、マクロ地域研究、都市総合開発コンサルティング、計画と都市設計、輸送や都市インフラ、低炭素エコロジー技術研究とその応用、地域開発政策などに携わってきた。沿岸都市シアヌークビルの再生・再開発には、18ヶ月のマスタープランで取り組む。 (さらに…)
    • 経済
        2019年11月15日
      シアヌークビル 開発 中国 深セン