カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

News & Topics

    • (c)Phnom Penh Post  欧州連合(EU)がカンボジアとミャンマーからのコメに関税を課すことを決定した。輸出業者やエコノミストらは、EUの決定を克服するための解決策は、運用コストの削減と市場の多様化であると述べている。プノンペンポスト紙が報じた。    欧州委員会(EC)は16日、ヨーロッパの生産者に経済的な損害をもたらしているとして、関税の再導入を決定した。この決定は3年間有効で、その間に関税率は段階的に引き下げられ、初年度は1トン当たり175ユーロ(199.5ドル)、2年目は150ユーロ(171ドル)、最終の3年目は125ユーロ(142.5ドル)が課される。  政策研究センターのチャン・ソポール所長は、「EUへのジャスミン米の輸出に深刻な影響は無いが、白 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月18日
      カンボジアコメ協会 貿易業 輸出 農業
    • (c)Phnom Penh Post  カンボジアエアポート社の統計によると、2018年の旅客数は、3つの国際空港で増加し続け、通年の旅客数は初めて1000万人を突破した。プノンペンポスト紙が報じた。  カンボジアのプノンペン国際空港、シェムリアップ国際空港、シアヌークビル国際空港の旅客数は1050万人となり、前年比20%増となった。  空港別では、シアヌークビル国際空港での旅客数の増加は最も大きく、前年比93%増の65万1000人。プノンペン国際空港は前年比28%増の540万人、シェムリアップ国際空港は前年比6.4%増の448万人だった。  同社の広報責任者は、「世界的に有名なアンコール遺跡群のあるシェムリアップが、特に日本、韓国、欧州の観光客数は伸びておらず、 ... [続きを読む]
    • 観光
        2019年1月16日
      カンボジアエアポート 空港 観光客 観光業
    • (c)Khmer Times  CBREのレポートによると、プノンペンのコンドミニアムは8つのプロジェクトが竣工し、2018年第4四半期に2234戸が供給され、約19%が増加した。  このうち、中間価格帯の物件では、イーストビュー、スカイ31、ザ・ビューなどのプロジェクトで総供給量の4割以上を占める。また、低価格帯の物件は78%がセンソック区に集中し、センソック区で竣工したセンソックタウンⅢ(468戸)は、総供給量の約2割を占める。  一方、同期には6つの新しいコンドミニアムプロジェクトが立ち上がり、これらの総供給量は合計で約2000戸となる。このうち、中間価格帯が1232戸と多くを占め、建設場所はドーンペン区、チョロイチャンバー区、ミーンチェイ区と様々だ。  販 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月16日
      コンドミニアム ザ・ビュー 不動産 国土整備・都市化・建設省 建設業
    • (c)Khmer Times  チップモングループの子会社、ロイヤルフィールド・ディベロップメント社は、1億5000ドルを投じて45階建ての複合施設の開発する。クメールタイムズ紙が報じた。  建物はロシア通りに建設され、上層15階は、米国に拠点のあるマリオットインターナショナルがフランチャイズしている低価格ホテルチェーンのフェアフィールド・イン・バイ・マリオットが入居する。  マリオットインターナショナルは、マリオットやリッツ・カールトンなど様々なブランドのホテルや宿泊施設の運営やフランチャイズを手がける多国籍企業。  チップモングループのリアン・クン社長によると、このビルは2022年に一般公開される予定という。
    • 経済
        2019年1月15日
      チップモングループ ホテル リアン・クン 宿泊業
    • (c)Khmer Times  物流コストの削減を目的に、公共事業運輸省はプノンペンに物流センターを建設してマルチモーダル輸送をよりシームレスにすることを検討している。クメールタイムズ紙が報じた。  このプロジェクトは、現在アジア開発銀行(ADB)と共同で同省により検討されており、道路、水路、および鉄道間の接続性を強化することを目的としています。  マルチモーダルとは、高速交通や良好な交通環境をつくる付加価値の付いたインターモーダル(ひとつの契約で、複数の輸送手段を組み合わせ、途中積み替えることなくドア・ツー・ドアの輸送すること)を指す。  異なる輸送方法がうまく統合されていないためコストが高く、港から別の港への輸送は効率的ではないと指摘されている。現在は道路への ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月15日
      公共事業運輸省 物流業
    • (c)Khmer Times  フン・セン首相は11日、欧州連合(EU)と米国がカンボジアに対して行っている特恵関税制度の取り消しの影響に対応するための国家政策を明らかにした。クメールタイムズ紙が報じた。  フン・セン首相はメディアの代表者との年次総会での講演で、「EBAを失っても生き残ることができるように、ビジネス部門を保護し、改善するための一連の戦略を打ち出す」と述べ、「例えば、貿易をより円滑にするために、国境検問所では入国管理局と税関職員以外の職員の配置を止め、輸出入手数料を削減するなど、他にも検討している戦略がある」と述べた。  政策研究センターのチャン・ソポール所長は翌日のフェイスブックで、「この戦略が国の競争力と自給自足を改善するのに役立つ。カンボジアの競争 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月14日
      貿易
    • (c)Khmer Times  プノンペンとシアヌークビルを結ぶ高速道路の建設のため、中国からの200人の作業員が到着し、3月末までに起工式が予定されている。クメールタイムズ紙が報じた。  公共事業運輸省のスン・チャントール大臣は最近、「1月末までに1億ドル相当の建設資材を輸入する。今や解決すべき唯一の問題は建設工事の影響を受ける人々への補償である」と述べている。  高速道路の建設プロジェクトは、国営の中国通信建設会社によって建設と運営され、建設費は約20億ドルと見積もられているが、同省の広報官によると、1億5千万ドルから2億ドルが補償に使われるという。  この高速道路の総距離は190キロメートル以上に及ぶとされており、既存の国道(240キロメートル)より短縮され ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月12日
      スン・チャントール 公共事業運輸省
    • (c)Khmer Times  カンボジア高等教育協会(Cambodian Higher Education Association=CHEA)は、2013年に始まった教育省による一連の改革により、教育部門の腐敗はほぼ完全に根絶されたと主張した。クメールタイムズ紙が報じた。  同協会のヘン・ワンダ会長は、「ハン・チュオンナロン教育大臣のおかげで、部門内の腐敗が90%減少した」と述べ、「教師や学校職員の待遇が改善されたので、彼らは副業をする必要がもはやない。教育者の清廉であれば汚職は無くなる」と付け加えた。  国民議会は2018年11月、2019年の教育予算に9億1500万ドルを承認し、前年の8億4800万ドルに比べ増加した。  ハン教育大臣は、「教育予算の80%が ... [続きを読む]
    • 社会
        2019年1月11日
      ハン・チュオンナロン 教育 教育・青少年・スポーツ省 汚職
    • (c)Khmer Times  フンセン首相は昨日、数千人の縫製工に対し、未払いの年功手当の一括払いの要求を取り下げるよう要請した。クメールタイムズ紙が報じた。  現在、カンダール州とプノンペンの数千人の縫製工らによって、年功手当の支給を要求するストライキが続いている。  いくつかの企業は、ストライキを行う労働者に対して解雇勧告を出しており、すでに年功手当の一括払いを要求する1000人以上の労働者を解雇した縫製工場もでてきている。  このストライキの発端は、数十の工場が解雇保障金を支払わずに閉鎖されたことを受け、労働職業訓練省によって公布された省令に要因がある。  この省令では、これまで無期契約の従業員の退職時に支払われていた解雇補償金に代わり、1年に2回( ... [続きを読む]
    • 労働
        2019年1月10日
      労働職業訓練省 年功手当 縫製工 製造業 賃金
    • (c)Khmer Times  沿岸域管理開発委員会(The National Committee for the Management and Development of Coastal Zones=NCMD)とプレアシアヌーク州当局は、すべてのホテル、ゲストハウス、その他の事業所に対し、排水が海に直接流れ込まないように排水処理槽を設置するよう指示した。クメールタイムズ紙が報じた。  同州の広報官によると、同州にあるソカービーチリゾートホテル(Sokha Beach Resort)と、Xihu Resort Hotelから海に流れ込む廃水を示す画像がフェイスブックに投稿された後に指示が出された。  NCMD、環境省、観光省も、水質汚染防止のため、同州に4つの廃水処理 ... [続きを読む]
    • 社会
        2019年1月9日
      シアヌークビル 環境汚染 自然破壊
    • (c)Khmer Times  現地不動産会社、Vトラストの報告書によると、プノンペンの賃貸可能戸数は2030年代初頭までに3倍の2万8000台になる見込みで、現在利用可能な首都の12地区で355以上のアパートの建物で9021の賃貸可能な単位です。  同社の市場調査によると、プノンペンのアパートの供給は2030年までに年間約1580戸増加することを示している。また、チャムカーモーン区には230棟のビルのうち5820戸の賃貸可能なアパートがあり、トゥールコーク区は1446戸、7マカラ区は635戸、ドーンペーン区は590戸を販売されている。  Vトラストのダイレクター、ホエム・セイハ氏は、「2018年第4四半期には約7600戸が賃貸され、可動率はチャムカーモーン区で86%、 ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月8日
      不動産業 賃貸
    • (c)Ctrip.com  カンボジアは、2020年までに200万人の観光客を目標とし、特に中国人の観光客の誘致を特に期待している。アジアンポスト紙が報じた。  フィリピン、マレーシア、ラオスも、それぞれ自国により多くの中国の観光客を誘致しようと熱心だが、中国の旅行会社が中国人観光客に提供する無料、又は非常に安いツアーパッケージ、「ゼロドル観光」というものがある。  こうしたツアーパッケージには、スケジュールに強制的な買い物が組み込まれており、この手法は多くの国のツアーオペレーターの間では珍しいことではなく、多くの場合は小売店から補助を受けている。香港では「強制ショッピングツアー」として知られている。  ツアーで立ち寄る小売店(ベトナムでは「秘密の店」と呼ばれてお ... [続きを読む]
    • 観光
        2019年1月7日
      中国人 観光業
    • (c)Macau Daily Times  マカオを拠点としているカジノ運営会社、マカオレジェンド社は、カンボジアに総合リゾートを開発するため、観光地であるシェムリアップに1200ヘクタールの土地を購入した。マカオデイリータイムス紙が報じた。  同社は、「カジノ産業がシェムリアップの観光産業に加われば、利益を享受できるだろう」と述べた。  カンボジアにはすでに60以上の公認カジノがあるが、シェムリアップではギャンブルは許可されていない。  同社は、マカオでバビロンカジノとレジェンドパレスカジノ、ラオスのサバンレジェンドリゾートを運営している。
    • 観光
        2019年1月6日
      カジノ シェムリアップ マカオ 娯楽業 観光業
    • (c)Khmer Times  政府がダムコー市場の移転のため、タモック湖の近くの20ヘクタールの敷地に駐車場を完備した青果市場を開発するプロジェクトを明らかにしたが、プノンペン都庁はこれを否定した。  1月4日の記者会見で、プノンペン都のノウン・パラット副知事は、「都は、ダムコー市場を移転する予定はない。市場は現状のまま、新しい場所に新しい市場を開発する」と述べた。  ダムコー市場は交通量が多い場所にあるため、交通渋滞や衛生問題を引き起こしている。
    • 社会
        2019年1月5日
      ダムコー市場 小売業 交通渋滞
    • (c)Khmer Times  カンダール州のコートム地区出身のチェア・パウさん(40歳)は、夜明け前に起床しプノンペン周辺の建設現場で働いくことで生計を立てている。  バイクで30分間の距離にある建設現場まで通い、床と壁にセメントを敷くことが仕事で、賃金は1日10ドル。家族を支えるためにこの仕事を何十年も続けている。しかし、15歳の息子と13歳の娘を養育するには不十分なため、チェアさんの妻が農作業のアルバイトを掛け持ちして補っている。  チェアさんによると、特別な技能を持たない男性労働者は1日当たり6.25ドル、熟練労働者は12ドルから15ドルの間で稼ぐことができる。一方で、女性は重い物を運べないため、1日当たり5ドルしか支払われないという。  国土整備・都市化 ... [続きを読む]
    • 労働
        2019年1月4日
      労働者 建設労働者 建設業 最低賃金
    • (c)Khmer Times  政府の計画によると、プノンペン中心部にあるダムコー市場を北部郊外にある20ヘクタールの敷地に移転されるという。クメールタイムズ紙が報じた。  プノンペンの北部に位置するセンソック区のタモック湖(Boeung Tamouk Lake、Tumnup Srovとも呼ばれる)に、駐車スペースを備えた20ヘクタールの市場を開発し、野菜や果物の供給する予定だ。  プロジェクトの責任者は、「目的は、野菜を売買する場所としてだけではない。輸入野菜も含めたすべての青果を集中させることで、供給の管理と、公衆や農家のためのデータ収集が可能になる」と語った。  また、政策研究センターの所長、チャン・ソポール氏は、「現在は交通量が多い場所にダムコー市場がある ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月4日
      センソック区 国有地 小売業 市場 野菜 青果
    • (c)Khmer Times 中国、ブルネイ、ベトナムとの二重課税協定が1月1日から開始された。クメールタイムズ紙が報じた。  二重課税協定(DTA)は、2016年10月に中国、2017年7月にブルネイ、昨年3月にベトナムと調印されてい。  租税総局のブン・ネアリー副局長は、「これらの協定はより多くの投資をカンボジアに引き付け、このことが雇用の創出を促し、徴税額の増加に貢献する」と語った。
    • 経済
        2019年1月3日
      租税協定 税金 貿易
    • (c)Khmer Times  プリンスITビルディングは、カンボジア沿岸部のシアヌークビルにある6万平米の敷地にプリンスリアルエステートグループによって建設された。クメールタイムズ紙が報じた。  このプロジェクトに携わっている会社である中国建設の責任者は、「大規模で国際的なIT企業を誘致し、シアヌークビルを情報技術のハブへと変貌させるでしょう」と語り、  プリンスリアルエステートグループは、プノンペンで、プリンスモダンプラザ、プリンスプリンティングプラザ、プリンスインターナショナルプラザを含む一連の大きなプロジェクトを開発している。  同氏は、「プリンスリアルエステートグループのプロジェクトは、住宅およびオフィスビル、ホテル、クラブ、工業団地を含む幅広い産業をカ ... [続きを読む]
    • 経済
        2019年1月3日
      IT シアヌークビル 中国企業 建設業
    • (c)Phnom Penh Post カンボジアは2018年、52件のカジノ営業のライセンスを供与し、カンボジア全体でカジノライセンスを取得件数は合計で150件となった。 経済財政省によると、プレアシアヌーク州だけで88のカジノがあるとし、政府として2018年はカジノ産業から5600万ドルの収益を目標としたが、実際の収益額は未確定だという。 また、シアヌークビルのカジノの大幅な増加が、中国人旅行者や投資の流入につながる可能性があるとした。
    • 経済
        2019年1月2日
      カジノ シアヌークビル 娯楽業
    • (c)Khmer Times  アンコール遺跡群の観光チケットの販売収入は、2018年に8%増加した。これは、成長率は対前年比で4ポイント減少した。クメールタイムズ紙が報じた。  切符販売を担当する会社であるアンコール・エンタープライズによると、250万人の外国人旅行者が訪れ、売上額は前年比5.4%の増加だった。  2016年、同社がソキメックグループの専売会社から事業を引き継ぎ、その後、1日券を20ドルから37ドル、3日券を40ドルから62ドル、1週間券を60ドルから72ドルへの値上げを発表した。  この値上げには、カンタボパ財団が運営するカンボジアの小児病院への2ドルの寄付が含まれており、2018年には、510万ドルが寄付として集められました。  201 ... [続きを読む]
    • 観光
        2019年1月2日
      アンコールワット遺跡群 観光客 観光業