カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年9月23日
  • カンボジアニュース

敗訴の小売業者パークソン、シンガポールへ移送申立てが却下[経済]

news_202009231-min
(c)Khmer Times

 マレーシアやベトナム、インドネシアにおいて百貨店を運営するパークソン・リテールアジアリミテッド社(PRA、拠点:シンガポール)と、首相補佐特命相かつカンボジアムスリム発展財団代表のオスマン・ハサン氏が所有するハッソン・ディベロップメント社(HCDC)との間で、プノンペンのショッピングモール事業を巡って長年続いていた法的紛争が新たな展開を見せている。

 パークソン社は2016年末までにロシア通り沿いにショッピングモールの建設を計画していたが、大家の度重なる引渡し遅延を機に契約違反を主張し、敷金と前家賃の返還を求め訴訟を起こしていた。
 

 シンガポールに上場しているPRAは、マレーシアの小売り業最大手であるパークソンホールディングス社の一部門だ。パークソン・カンボジアに代わりPRA社がシンガポール国際仲裁センターに仲裁を申し立てた結果、仲裁人は総額780万ドルの支払いをHCDCに命じた。

 しかし、HCDCはこの主張を否定し、1億4400万ドルの損害賠償請求をプノンペン自治裁判所に控訴し、勝訴した。PRAは、この訴訟をシンガポールの裁判所への移送を上訴裁判所に申し立てたものの、カンボジアでの手続きが未完のため時期尚早であるとの理由で却下された。

 オスマン氏は、「カンボジアでのプロジェクトをめぐるカンボジア企業2社間の紛争だ。カンボジアの裁判所の管轄であり、シンガポールの仲裁人の決定は尊重しない」と述べ、HCDCがシンガポールの仲裁人の裁定に従わないことを示唆している。

関連記事
経済
シアヌークビルに大型ショッピングモールがソフトオープン カンボジア[経済]
(05日)
経済
フランチャイズにより拡大を目指すモバイルマート カンボジア[経済]
(09月22日)
経済
パンデミックにより自動車業界の利益下落 カンボジア[経済]
(08月06日)
経済
チップモンの大型商業施設は2022年までに完成 カンボジア[経済]
(06月09日)
経済
カンボジアの大物政治家 マレーシア小売業最大手のパークソンに対し1億4450万ドルの勝訴[経済]
(04月29日)
経済
閉鎖をまぬがれた事業者 事業存続のための奮闘 カンボジア[経済]
(04月17日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
最大の目標は、世界におけるカンボジアのプレゼンスを上げること[観光・飲食]温井 和佳奈(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース