カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年7月7日
  • カンボジアニュース

カジノ再開により、中国人の回帰に向けた準備が進む カンボジア[経済]

news_202007073-min
(c)Khmer Times

 カンボジア政府がカジノの営業を再開する計画を発表したため、プレアシアヌーク州では中国人回帰に向けた準備が進んでいる。クメールタイムズが報じた。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が出る以前は、同州には州の総人口の半数近くを占める8万人の中国人が滞在しており、観光業やカジノ、建設業といったビジネスに多額の投資を行っている。

 同州の広報官によると、タイとの国境付近にあるポイペトのカジノでは、約1万人の中国人の回帰が見込まれている。

 5月からカンボジア国内への入国規制が緩和されたため、1日あたり約250人の中国人がシアヌークビル国際空港に到着しており、6月中には計2万人以上がすでに国内に到着している。

関連記事
経済
シアヌークビルに大型ショッピングモールがソフトオープン カンボジア[経済]
(05日)
経済
2023年までのコンドミニアム開発における動向調査 カンボジア[経済]
(09月07日)
経済
一帯一路構想の下でプノンペン都とコッコン州、ケップ州で4つのプロジェクトが進行中 カンボジア[経済]
(09月03日)
経済
国内観光客、5ヶ月間で370万人に達する カンボジア[経済]
(07月17日)
社会
シアヌークビルの道路復旧・拡張プロジェクト 9割方完了 カンボジア[社会]
(05月18日)
統計
カンボジアはもう”物価が安い国”ではない[統計]
(03月11日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース