カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年7月5日
  • カンボジアニュース

都内のコンビニエンスストアの店舗数が伸びている カンボジア[経済]

news_201907051
(c)Khmer Times

 プノンペン都内にはコーヒーショップが300店舗以上あると言われるが、コンビニエンスストアの店舗数も伸びている。クメールタイムズ紙が報じた。

 2015年に初出店した24時間営業のスーパーマーケット、スーパーデューパー(Super Duper)は現在4店舗を運営し、米国のサークルKは、昨年2月にカンボジアでの事業を正式に開始し、現在23店舗を運営している。イオングループが展開するマックスバリュは、9号店目をボンケンコン1地区にオープンさせ、年内中にさらに4店舗がオープンする予定だ。

 また、バンコクポスト紙は今年初め、タイ企業がセブンイレブンブランドをカンボジアに持ち込む準備ができていると報じた。

 不動産会社CBREの担当責任者によると、「小売業界はこれまでにない速さで成長している」と述べ、「商業地域の一等地の需要が高いが、独立型店舗のスペースは不足している。将来、多くの小売業者がモールに目を向けるかもしれない」と付け加えた。

関連記事
経済
トゥールコーク区の商業施設の建設作業が中断[経済]
(08月29日)
社会
デタラメなクメール語看板を391枚撤去 シアヌークビル[社会]
(06月04日)
経済
カンボジアの家電市場は活況[経済]
(05月31日)
経済
チップモングループ、ルッセイケオ区に大型モールを建設 カンボジア[経済]
(05月03日)
社会
中小企業を傷つける停電 小売店主「家賃が払えない」 カンボジア[社会]
(03月27日)
経済
カンボジアの電気製品の売上高 対前年比30%増[経済]
(03月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジア人が誇りを持てる場所を作りたい[観光・飲食]温井 和佳奈(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース