カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年6月20日
  • カンボジアニュース

カンボジアの徴税額は順調な伸び 今年5月までの間で28%増[経済]

news_201906202
(c)Khmer Times

 租税総局(GDT)は、今年1月から5月までの間に13億ドル以上の税収を集め、前年同期比で28%増加した。クメールタイムズ紙が報じた。

 GDTのコン・ヴィボル総局長は、税収額の増加は新技術の採用による徴税制度の近代化の結果だと指摘した。

 同氏は、「収入管理の効率を確実にし、政府の設定目標を達成するために、徴収のさらなる効率化する」と述べた。

 2018年のGDTによる徴収額は22億ドル近くで、前年比で13.3%増加した。

関連記事
経済
経済財政省、第1四半期の税収は14億ドルと発表 カンボジア[経済]
(05月15日)
経済
ホテル・ゲストハウスに3カ月間の非課税措置 カンボジア[経済]
(04月21日)
経済
オンライン取引において、税務登録制度の義務化[経済]
(03月17日)
経済
税金未払い100万ドル超、租税総局による取締りで発覚[経済]
(03月13日)
経済
カンボジア租税総局、2020年の税収目標を2886百万ドルに設定[経済]
(02月19日)
経済
租税総局長、目標超えの徴税額を発表
(11月22日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
業界
常に専門性の高い知識が必要[法務・税務・会計] 宮田 智広
業界
出張手当設定を指摘されるケースが散見[法務・税務・会計] マック・ブラタナ、ドゥク・ダリン
業界
税法や労働法など法律は毎年頻繁に変わる[法務・税務・会計] 安藤 朋美
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース