カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年3月13日
  • カンボジアニュース

カンボジアが目指すデジタル経済は時間を要する オーン経済財政大臣[経済]

news_20190313
(c)Khmer Times

 カンボジアのデジタル経済に関するワークショップが開催されており、世界銀行、アリババグループ、キング&ウッドマレソンなどが参加している。クメールタイムズ紙が報じた。

 経済財政省によると、このワークショップは、長期的なデジタル開発フレームワークの準備など、いくつかの重要な問題に関する意見交換と情報共有を行うものとしている。

 同省のオーン・ポーンモニロット大臣は、カンボジアの徐々に形成されている点について、「カンボジアの人々は新技術に対する順応性が高い。デジタル先進国から最大の利益を享受するためには適応力が必要だ」と述べた。

 インダストリー4.0の影響は不可避となるなか、カンボジア政府によるキャッチアップとリスク管理の必要性について言及し、ソフトとハードのインフラストラクチャと規制環境の構築により、デジタルリテラシーの促進と電子政府機能の強化を行うためには時間を要する点についても指摘した。

 オーン大臣は、「カンボジアは今後5年間でデジタル経済の柱を築き、さらに5から10年をかけてこれを成長させ、技術主導の市場を目指す。私たちのビジョンは、カンボジアの企業がグローバルなバリューチェーンと繋がることを可能にする堅牢なデジタル環境を作り出すことであり、シリコンバレーやユニコーンのスタートアップ企業を設立する意図はない」と述べた。

 世界銀行のカントリーダイレクターであるエレン・ゴールドスタイン氏は、「カンボジアは、将来的には伝統的な部門だけに頼ることができなくなるため、デジタル技術により新たな成長の原動力を見つける必要がある。また、デジタルデバイドの解消のため、ターゲットを絞った政策が必要になるだろう」と述べた。

 カンボジア電気通信規制機関(TRC)によると、2018年の携帯電話加入数は事業者6社で合計1950万件となり、このうち1360万件はインターネットを利用し、700万件はフェイスブックのアカウントを所有しているという。

関連記事
経済
高度技術のスタートアップに年間500万ドルの基金創設 カンボジア[経済]
(03月27日)
経済
現地インターネットサービスプロバイダーがG-PONを採用 カンボジア[経済]
(03月21日)
経済
インドは情報通信技術(ICT)分野でカンボジアを支援[経済]
(03月20日)
経済
ナガワールドの昨年純利益 全ての商業銀行の純利益に匹敵 カンボジア[経済]
(02月19日)
経済
シンガポール発の配車アプリ「タダ(Tada)」がカンボジアへ新規参入[経済]
(01月31日)
経済
中国企業 カンボジアと香港を結ぶ海底ケーブルに投資[経済]
(01月22日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース