カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月4日
  • カンボジアニュース

プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]

news_201901041
(c)Khmer Times

 政府の計画によると、プノンペン中心部にあるダムコー市場を北部郊外にある20ヘクタールの敷地に移転されるという。クメールタイムズ紙が報じた。

 プノンペンの北部に位置するセンソック区のタモック湖(Boeung Tamouk Lake、Tumnup Srovとも呼ばれる)に、駐車スペースを備えた20ヘクタールの市場を開発し、野菜や果物の供給する予定だ。

 プロジェクトの責任者は、「目的は、野菜を売買する場所としてだけではない。輸入野菜も含めたすべての青果を集中させることで、供給の管理と、公衆や農家のためのデータ収集が可能になる」と語った。

 また、政策研究センターの所長、チャン・ソポール氏は、「現在は交通量が多い場所にダムコー市場があるが、それほど便利ではない」と述べた。

 2016年2月3日、政府はタモック湖周辺の3239ヘクタールの土地を、国有地として分類する閣僚会議令を公布した。国有地は、土地法に基づき民間人が所有することはできない。

関連記事
社会
ダムコー市場の移転を否定 プノンペン都庁[社会]
(05日)
経済
ゴミ収集収業者シントリー社 賃上げに合意 カンボジア[労働]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
米系酪農企業 カンボジア産牛乳の生産を拡大[経済]
(12月24日)
経済
プノンペンの賃貸マンションユニット数 2030年までに3倍に カンボジア[経済]
(12月20日)
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(12月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
カンボジア人の声 ジャパンファームプロダクツ フン・トラー
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース