カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月31日
  • カンボジアニュース

5億円の費用をかけて衛星都市が建設される スヴァイリエン州・バベット[経済]

news_201707311
(c)Cambonomist

 エンパイヤーワールドグループアジアはスヴァイリエン州・バベットで大規模な衛星都市の開発を進める。開発の第一段階では、800ヘクタールのうち50ヘクタールの土地に建物を建設する予定だ。カンボノミストが報じた。

 同グループは、カジノ、ホテル&リゾート、商業施設、工業地帯といった設備の建設を予定している。この都市計画には完成までおよそ15年がかかる見込みで、建設は始まったばかりだ。まず手始めに、建物の建設が始まり、556棟の建設に5億円が投じられる予定だ。

 同社のCEO、エリック・ロー(Eric Loo)氏は、バベットはカンボジア・プノンペンとベトナム・ホーチミンの間に位置し、国境のチェックポイントであることから、この衛星都市に投資することを決定したという。

 「カンボジアは急速に経済が発展しており、投資も拡大している。バベットはプノンペンとホーチミンの中心にあり、中国の一帯一路構想のもとに、高速道路が建設されれば、衛星都市のへの接続はより簡単になり、コストも抑えられる」と話した。エリック氏によると、全プロジェクトが完遂したならば、その衛星都市はおよそ20万人を受け入れ可能だという。

関連記事
経済
カンボジアの商業物件の空室率は過去10年間で最低[経済]
(19日)
経済
4つの太陽光発電プロジェクトを承認 カンボジア[経済]
(15日)
経済
中国企業の自転車生産工場の移転が進む兆し カンボジア[経済]
(06月20日)
労働
バベットの工場で1500人がストライキ 会社側は要求に応じる[労働]
(06月14日)
経済
カンボジア開発評議会、投資総額6億ドルのプロジェクトを承認[経済]
(06月11日)
社会
工場の郊外移転の方針を見直し プノンペン都庁[社会]
(03月04日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース