カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月31日
  • カンボジアニュース

5億円の費用をかけて衛星都市が建設される スヴァイリエン州・バベット[経済]

news_201707311
(c)Cambonomist

 エンパイヤーワールドグループアジアはスヴァイリエン州・バベットで大規模な衛星都市の開発を進める。開発の第一段階では、800ヘクタールのうち50ヘクタールの土地に建物を建設する予定だ。カンボノミストが報じた。

 同グループは、カジノ、ホテル&リゾート、商業施設、工業地帯といった設備の建設を予定している。この都市計画には完成までおよそ15年がかかる見込みで、建設は始まったばかりだ。まず手始めに、建物の建設が始まり、556棟の建設に5億円が投じられる予定だ。

 同社のCEO、エリック・ロー(Eric Loo)氏は、バベットはカンボジア・プノンペンとベトナム・ホーチミンの間に位置し、国境のチェックポイントであることから、この衛星都市に投資することを決定したという。

 「カンボジアは急速に経済が発展しており、投資も拡大している。バベットはプノンペンとホーチミンの中心にあり、中国の一帯一路構想のもとに、高速道路が建設されれば、衛星都市のへの接続はより簡単になり、コストも抑えられる」と話した。エリック氏によると、全プロジェクトが完遂したならば、その衛星都市はおよそ20万人を受け入れ可能だという。

関連記事
社会
工場の郊外移転の方針を見直し プノンペン都庁[社会]
(04日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(04日)
経済
米国の金属包装製品会社 生産ラインの拡大 カンボジア[経済]
(02月13日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース