カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月2日
  • カンボジアニュース

携帯電話使用で課金される追加料金 加入者からは不満の声 カンボジア[経済]

 カンボジア電気通信規制機関(TRC)は、携帯電話のネットワーク事業者に対し、オプトインサービス(事前に受け取りを承諾されたメール)で加入者に課税する手数料の詳細を透明化し、また加入者が要求しないサービスには課金しないことを明確にするよう求めた。プノンペンポスト紙が報じた。

 TRCは加入者から公式な苦情を受けていないものの、ソーシャルメディアでみられる多くの苦情を受けて携帯電話ネットワーク事業者に警戒を促した。

 TRCの広報官は、加入者からの多くの不満は追加サービスへのアクセスに対し確認無しに料金が差し引かれることであり、加入者からの信用が減少したと指摘。また誤ったコード入力にも料金が課されるという。

 同氏は全てのネットワーク事業者は課金に対する調査を行い、加入者に適用される料金の通知や、サービスを追加する前の確認を行うべきだと話した。

関連記事
経済
ローカル向けのストリーミングプラットフォームが勢いを見せる[経済]
(18日)
経済
中国製スマートフォンMeizu Pro 7 カムフォンから販売開始[経済]
(08月30日)
経済
携帯電話会社に全加入者の登録を要請 カンボジア電気通信規制機関[経済]
(08月23日)
経済
カンボジアの携帯電話事業 業界3位のセルカードが猛追[経済]
(08月16日)
経済
電子決済サービスパイペイ カンボジアでキャッシュレスサービスの可能性を示す[経済]
(08月09日)
経済
アクシアタグループ スマートを一部売却する可能性[経済]
(08月07日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース