カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月17日
  • カンボジアニュース

若い起業家や新興企業がASEANからの挑戦を育む[経済]

 世界経済フォーラム(WEF)ASEAN会議のパネルディスカッションでは、電気通信技術の革命が、この地域の新興企業の台頭を引き起こす主な要因であるとの見方を示した。クメールタイムズ紙が報じた。

 13日にパネルディスカッションで、革新と起業家精神のための材料の強化、地域規模でのデジタルビジネスの構築に対する障壁の理解、デジタル企業の政策立案の精密化について議論した。

 パネリストとして登場したインドネシアのノーススターグループの共同設立者は、デジタル新興企業がASEANにグローバルプレーヤーと競争するチャンスを与えたと述べた。

 シンガポールのGrab創始者兼CEOであるタン・フーイ・リン氏は、伝統的なコミュニケーションからデジタルおよび技術ツールへのアップグレードは、デジタル起業家によってより多くのスタートアップが奨励されることを促進する要因であると語った。

 同氏は、「スタートアップを実行するには、良いアイデア、人的資源、リーダーシップ能力など、いくつかの点が必要だった。これらの点があると、私たちは地元だけでなく国際的に起業家になれる」と語った。

 タイ、カンボジア、ミャンマーのシーメンスCEOは、コミュニケーションツールの技術革新と国境を越えた接続性のために、この地域のデジタルベンチャーが最近増加したと述べた。

 また、同氏は、ASEANでスタートアップの創造的なアイデアを引きずる主な要因は、教育と言語の壁であったとし、若い世代が「デジタルの考え方」を得ることができるよう、ASEAN諸国の政府はカリキュラムにデジタル化を加えるべきだと提案した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース