カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月7日
  • カンボジアニュース

カジノを経営するナガコープ、賭け金収入が2桁成長[経済]

 プノンペンにあるカジノ複合施設ナガ・ワールドを経営するナガ・コープが香港証券取引所に報告したところによると、2016年の1月から9月までで賭け金が2桁成長を遂げた。クメールタイムズ紙が報じた。

 VIPの客入りの回転率が11%成長して賭け金は66億ドルに到達し、一般顧客からの賭け金は13%増の4億5650万ドルだった。
電子式ゲーム機への賭け金は15%増の11億4000ドルだった。

関連記事
観光
外国人観光客数が9ヶ月間で480万人、10%増 カンボジア[観光]
(11月06日)
政治
カンボジアは依然としてマネーロンダリングに対して脆弱と判断[政治]
(11月01日)
経済
カジノ税収、オンライン賭博の禁止法令により来年は減収か カンボジア[経済]
(10月24日)
観光
シアヌークビルに222室のリゾートホテルがオープン[観光]
(10月22日)
観光
世界遺産のアンコールワット寺院、中国人と韓国人の観光客が減少[観光]
(10月03日)
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(09月13日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジアのシリコンバレー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース