カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月6日
  • カンボジアニュース

カフェアメィゾン 規模を拡大しカンボジア国内に33店舗を展開[経済]

news_201608063
(c)Phnom Penh Post

 タイ石油公社(PTT)傘下のカフェチェーン「カフェアメィゾン」が、カンボジア国内で更に規模を拡大させる態勢だ。

 カフェアメィゾンは2013年のカンボジア参入以来、14店舗を展開したが、今回の店舗拡大による新しいプノンペン以外の5店舗を含めると、合計で33店舗となる。PTTカンボジアのマネージングダイレクターによれば、2021年までに120店舗のオープンを予定している。

 また同氏によれば、新規のフランチャイズオーナーらは加盟料1万6000ドルを支払うことで、PTTのガスステーション内に又は単独店舗としてコーヒーショップを開店できるという。

 カフェアメィゾンはカンボジア参入からわずか3年のうちに着実に成長し、国内カフェブランドのブラウンコーヒーよりも多くの店舗を展開するなど、国内最大のカフェチェーンになりつつある。

関連記事
経済
ウズベキスタン系の投資会社、カンボジアのレストランを子会社化[経済]
(06月19日)
経済
プノンペン唯一のコンテナナイトマーケットが閉鎖し解体[経済]
(12月22日)
経済
パークカフェ 2025年までに100店舗展開へ カンボジア[経済]
(11月22日)
経済
認可を受けた飲食店数、国内2000軒以上に達する カンボジア[経済]
(05月11日)
経済
カンボジア料理・クイティウの普及のため、ブランド立ち上げ[経済]
(09月03日)
経済
ミシュランの星付きレストラン イオンモールにオープン[経済]
(08月12日)
あわせて読みたい
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.3
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.02
特集
カンボジア人の声 ウエダカフェ  ボー・バンナック
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.01
特集
激化する和食店サバイバルinプノンペン食材流通が語る「生き残るための秘訣』2/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース