カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月17日
  • カンボジアニュース

タイのJWDインフォロジスティクス株式会社、プノンペン経済特区株の5.2%取得[経済]

news_201606172_mini
(c)Khmer Times

 タイ本社のJWDインフォロジスティクス株式会社が、プノンペン経済特区(PPSEZ)株の5.2%を取得し、カンボジア証券取引所(CSX)の取引株価の弾みが期待されるとクメール・タイムズが報じている。

 日本とカンボジアの合弁会社で、国内最大の工業団地であるPPSEZは、2016年5月、CSXに上場する四番目の企業となり、2860リエル(0.715ドル)、5787万5000株の売却を進め、これまでに84社から投資を集めている。

 JWDインフォロジスティクスのCEOは、PPSEZの物流センター運営の計画に触れ、5.2%の株式取得に400万ドルを費やしたことをバンコクポストに語っており、また、同社は今後5年間で1億4000万ドルをアセアン拡大に充てる予定で、最近はカンボジア、ラオス、ミャンマーで冷凍食品倉庫に投資するRMAグループとの合弁会社を設立している。

 PPSEZは、2012年のプノンペン水道公社、2014年の衣料品メーカーグランドツイン・インターナショナル、および2015年のプノンペン自治港に続く上場企業である。

関連記事
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(20日)
経済
カンボジアの食品配送会社ミールテンプル、ブータンに進出[経済]
(19日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(15日)
経済
シアヌークビル経済特区(SSEZ)がCSXに上場する カンボジア[経済]
(06月21日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.7-
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース