カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年11月11日
  • カンボジアニュース

上場7銘柄のうち4銘柄の株価が公募価格を下回る カンボジア[経済]


(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)に上場されている7銘柄のうち4銘柄は、公募価格を下回っている。クメールタイムズが報じた。

 昨日の終値は、2014年に上場したグランドツインズインターナショナル(GTI)は公募価格の69%を下回り、2016年に上場したプノンペン経済特区(PPSP)は公募価格の35%を下回った。また、2012年に上場したプノンペン水道公社(PPWSA)は8%、今年上場したペステック(PEPC)が8%、それぞれ公募価格を下回った。

 CSXのハ・ジョンウォンCOOは、「株価は必ずしも会社のパフォーマンスを反映しているわけではない」と述べ、「株価が公募価格を下回るまで下落したのは、業績よりも市場動向を重視する投資家の取引行動が原因である可能性がある」と付け加えた。

 その理由として同氏は、PPWSAは利益を増加させ、PEPCも昨年損失を経験したことを考慮すれば非常に肯定的な兆候が見られていることを指摘した。

 しかし、PPSPやGTIは新型コロナウイルスの影響により業績が振るわなかったのも事実で、SBIロイヤル証券の担当責任者は、「PPSPの株価が公募価格を下回っている主な要因は、同社の現在の業績の低下である」と語った。

 他の3つの銘柄は公募価格よりも株価が高く、今年上場のアクレダ銀行は5%、2017年上場のシアヌークビル自治港は73%、2015年上場のプノンペン自治港は124%それぞれ公募価格より上回った。

関連記事
経済
キリロムグローバルフォーラム2022が開催 147名の登壇者が7日間に渡り活発な議論を繰り広げる[経済]
(05月31日)
経済
日本はカンボジアの商法制度の整備に大きな機会がある=ソック上級顧問[経済]
(08月25日)
経済
2月20日市中感染拡大事件でレストランチェーンに多大な犠牲 カンボジア[経済]
(03月16日)
経済
最大手のアクレダ銀行、昨年は多額の利益を計上 カンボジア[経済]
(02月12日)
経済
工業科学技術革新省、新しい品質製品のロゴを発表 カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
シェムリアップの企業、外国人観光客依存の収益構造見直し カンボジア[経済]
(02月02日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
銀行業界は強い成長を見せている [金融・保険]イン・チャンニー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース