カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年6月5日
  • カンボジアニュース

ローカル系カフェチェーンのブラウンコーヒー、ゴンチャ事業撤退[経済]

news_201606051_mini
(c)Phnom Penh Post

 1日、ブラウンコーヒー社のCEO、チャン・ブンレン氏は、台湾系カフェブランド「ゴンチャ」のフランチャイズ店5店舗の閉鎖を発表した。

 ゴンチャは2013年後半にカンボジアでオープンしたが、「売上が当初見込みを割り込んだため撤退を決断した」(チャン氏)とプノンペンポスト紙が報じている。

 自社ブランドの「ブラウンコーヒー」が好調な同社は、今後、外国ブランドのフランチャイズは行わないとし、今後三ヶ月以内に3店舗増やし、年内中に14支店となる見込み。

 2015年3月のファイナンシャルタイムズ紙によると、ブラウンコーヒーグループは2014年度連結決算で年商600万ドル、利益率15~20%と報じている。



 プノンペン都内は世界的コーヒーチェーン店のスターバックスが参入してきたことで競争がさらに激化している。先週、スターバックス2号店がイオンモールにオープンしたことで、同じくイオンモールに出店している英国系のコスタコーヒー、台湾系のチャタイム、オーストラリア系のグロリアジーンズなどと顧客を争奪している。

 クメール料理のレストランチェーンであるパークカフェが発表した統計によると、昨年、プノンペン都内220万人が、1日の外食にかける経済規模は153万ドル、うち朝食81万ドル、昼食72万ドルであるとしている。

関連記事
経済
認可を受けた飲食店数、国内2000軒以上に達する カンボジア[経済]
(05月11日)
観光
中国人観光客の増加に高級ホテルは繁盛するも欧米人の人気飲食店は苦戦[観光]
(01月07日)
経済
モンゴルの人気レストランチェーン リトル・シープがプノンペンにオープン[経済]
(10月06日)
経済
プノンペンの3番目のコンテナマーケット 11月にオープン予定[経済]
(15日)
経済
カンボジア料理・クイティウの普及のため、ブランド立ち上げ[経済]
(03日)
経済
ミシュランの星付きレストラン イオンモールにオープン[経済]
(08月12日)
あわせて読みたい
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.3
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.02
特集
カンボジア人の声 ウエダカフェ  ボー・バンナック
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.01
特集
激化する和食店サバイバルinプノンペン食材流通が語る「生き残るための秘訣』2/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース