カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月10日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相、業界団体と運輸省に対し、物流料金値下げ要請と汚職根絶を指示[経済]

 1日、シアヌークビルで演説したフン・セン首相は、カンボジアの大手物流会社3社に対し国際輸送手数料の一律カットを発表した。さらに、これまで輸送関連に従事する役人が賄賂として受け取っていた輸送経費の48%に相当する額が、国際競争力の低下の原因であると非難し、事実の解明を指示した。

 この発表は物流会社に手数料値下げを要請した4月25日の会合の内容を踏まえてのものであったが、物流会社からは高すぎる“非公式な経費”に対して不満が出ていたと言う。

 首相は演説中で、先月実施された内閣改造により新しく公共事業運輸省の大臣となったスン・チャントール(Sun Chanthol)氏に対し、事実解明と根絶について特命したと述べた。

 また、首相は3社の国有企業へも早急な値下げを指示していたことを伝え、シアヌークビル港湾公社(Sihanoukville Autonomous Port)と船積み会社のカンプチア・シッピング・エージェンシー&ブッカーズ社(Kampuchea Shipping Agency and Brokers)は10%の手数料カットを、プノンペン港湾公社(Phnom Penh Autonomous Port)が5%の手数料カットを実施する予定であると発表した。

 これまでカンボジアの高い輸送コストの改善が競争力強化の主要課題だと言われてきたが、首相は「手数料の低減がコンテナ入港量の増加に繋がり、これにより輸入品は値段が下がり、輸出品は競争力を増すことができる」と演説した。

 スン運輸大臣は、商業省の大臣を3年間務め、事業者登録の際の汚職防止に尽力した実績を持つ。

logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
日系
カンボジア運輸大臣 日本通運の成田空港第三物流センターを視察[経済]
(17日)
経済
ケップ州産の塩 地理的表示(GI)取得の可能性[経済]
(15日)
法律
物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]
(11日)
経済
来年から輸出コストの引き下げ カンボジア[経済]
(11日)
社会
プノンペン 2018年4月より水上バスサービス開始か[社会]
(04日)
政治
カンボジア商業大臣 フランコフォニー国際組織機構に貿易協力を要請[政治]
(10月19日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
カンボジアは現在、制度化やその徹底に向けての努力が加速しているという状況です [法務・税務・会計] 村上暢昭
業界
税法・投資法の改正は日本人投資家により幅広い優遇措置を提供する [法務・税務・会計] リ・タイセン
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース