カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年12月31日
  • カンボジアニュース

マカオのカジノ運営会社、アンコールワット近郊で土地購入を延期[観光]

news_201912311
(c)Khmer Times

 マカオを拠点としているカジノ運営会社、マカオレジェンド社は、リゾート開発を計画していたシェムリアップの土地の購入を延期する。クメールタイムズが報じた。

 同社が昨年12月に発表していたシェムリアップの土地購入を、2020年6月26日まで延期する。

 シェムリアップは世界遺産に登録された観光名所として知られており、同地でのカジノ事業は禁止されていることから、カジノという言葉は使わず、「統合リゾート(integrated resort)」と婉曲した表現がなされ土地購入の交渉が進められていた。

 経済財政省によると、同社が土地購入を発表した当時のショールームには、7階建てのビルが描かれた販促資料が展示されていた。

関連記事
経済
カンボジア・シアヌークビル市の家賃が急落し、地価が低迷[経済] 
(06日)
観光
カンボジアの国際空港、乗客数の伸びがスローダウン[観光]
(01月22日)
観光
カタール航空、ドーハ・シェムリアップ間の新路線を11月に就航[観光]
(01月17日)
観光
カンボジアのホテル業界は大きく上昇すると予測[観光]
(01月07日)
観光
世界遺産アンコールワットへの観光客数が15%減少 カンボジア[観光]
(01月02日)
観光
47社の地元企業にハラール認証が付与 カンボジア[観光]
(12月30日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジアのシリコンバレー
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース