カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年7月25日
  • カンボジアニュース

青島航空がシアヌークビルとの直行便を就航 カンボジア[観光]

news_201907251
(c)Khmer Times

 青島航空が157人乗りのエアバスA320により湛江(広東省の南西端に位置)・シアヌークビル間を週3便運行している。

 シアヌークビルは最近、中国の観光客や投資家の間で人気になっており、中国を拠点とする多くの航空会社が直行便を運行している。

 中国の都市からシアヌークビルを運行している中国系航空会社は、カンボジアアンコール航空、ランメイ航空、JCインターナショナル航空、スカイアンコール航空、四川省航空、瑞麗航空、海南航空などがあり、観光省によると、毎週中国から200便近くのフライトがある。

 シアヌークビルには8万人近くの中国人が居住し、市内に居住する外国人数の90%を占め、シアヌークビルへの事業投資の大部分は中国からのものだ。

関連記事
政治
中国公安部、中国人にカンボジアの法律を順守するための教育を約束[政治]
(21日)
経済
プノンペンとミャンマーの首都ヤンゴンとの直行便がまもなく就航[経済]
(09日)
経済
シアヌークビル市内の建設プロジェクト22か所に一時停止命令[経済]
(05日)
観光
インドLCCがニューデリーとプノンペンの直行便を今年後半に運行[観光]
(07月23日)
未分類
シアヌークビルの事業の9割以上が中国人からの投資 カンボジア[経済]
(07月03日)
社会
ビルの倒壊事故、救助活動が終了 28人死亡、26人負傷[社会]
(06月25日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース