カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年7月25日
  • カンボジアニュース

青島航空がシアヌークビルとの直行便を就航 カンボジア[観光]

news_201907251
(c)Khmer Times

 青島航空が157人乗りのエアバスA320により湛江(広東省の南西端に位置)・シアヌークビル間を週3便運行している。

 シアヌークビルは最近、中国の観光客や投資家の間で人気になっており、中国を拠点とする多くの航空会社が直行便を運行している。

 中国の都市からシアヌークビルを運行している中国系航空会社は、カンボジアアンコール航空、ランメイ航空、JCインターナショナル航空、スカイアンコール航空、四川省航空、瑞麗航空、海南航空などがあり、観光省によると、毎週中国から200便近くのフライトがある。

 シアヌークビルには8万人近くの中国人が居住し、市内に居住する外国人数の90%を占め、シアヌークビルへの事業投資の大部分は中国からのものだ。

観光の最新ニュースランキング
最新ニュース