カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2016年12月13日
  • カンボジアニュース

税金・手数料の支払い免除 小規模小売事業者 ―フン・セン首相[観光]

 フン・セン首相は、カンボジアで1つや2つのバスケットで商品を売っている小規模小売事業者に対して、税金や手数料を政府に払う必要はないと決定した。クメール・タイムズ紙が報じた。

 カンボジアの市場のすべての販売者は、税金と手数料を地方自治体に支払う義務があるが、新しい決定によると、少量の野菜や、果物、手工芸品などを日常的に販売する貧しい小売事業者は、税金や手数料の責任を負わなくてもよくなる。その代わり、地方自治体の管理下におかれ食品衛生面での改善が徹底される。

関連記事
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(19日)
経済
マレーシア二輪車メーカー カンボジア市場へ参入[経済]
(13日)
経済
フランス系企業の乳児用粉ミルク カンボジア政府が厳しく取り締まる[社会]
(04日)
政治
来年7月総選挙後まで閣僚再編は無い可能性 カンボジア[政治]
(12月27日)
政治
フン・セン首相 欧州議会の制裁に対し「関心がない」[政治]
(12月16日)
観光
フン・セン首相 欧州観光貿易評議会よりアンバサダーとして任命[観光]
(12月11日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース