カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 観光
  • 2019年7月23日
  • カンボジアニュース

インドLCCがニューデリーとプノンペンの直行便を今年後半に運行[観光]

news_201907231
(c)Khmer Times

 インドの格安航空会社ゴーエア(GoAir)は、今年後半にインドとカンボジア間の最初の直行便を就航すると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 エアバスA320を使用してプノンペンとニューデリーを結ぶ。

 民間航空庁(SSCA)の広報官は、ゴー・エアがすでに運航許可の申請を済ませていると述べ、観光省の広報官は、観光客やビジネスマンを含む王国への訪問者数を増やすことになる」と歓迎した。

 観光省の統計によると、カンボジアは昨年、インドから6万5882人の観光客を受け入れ、2017年と比較して10%の増加となっている。

関連記事
経済
カンボジア首相、シェムリアップの観光業者向けに5000万ドルの融資パッケージを発表[経済]
(11月14日)
社会
中国人観光客減少の背後に:カンボジアのサイバースキャムと評判問題[社会]
(09月27日)
観光
カンボジア観光産業の現状と将来展望[観光]
(09月27日)
観光
2023年1~8月間、カンボジアの航空旅客数が大幅に増加[観光]
(09月12日)
経済
カンボジア中央銀行、通貨市場に介入してリエルの価値を維持[経済]
(08月30日)
経済
シェムリアップ・アンコール国際空港の建設は98%完了 カンボジア[経済]
(10日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
観光の最新ニュースランキング
最新ニュース