カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2021年2月15日
  • カンボジアニュース

シェムリアップ水道公社の収入が大幅に減少 カンボジア[社会]


(c)KT/Husain Haider

 関係者によると、シェムリアップの観光事業の枯渇により、シェムリアップ水道公社(SRWSA)の収入が大幅に減少している。

 現在の水道料金の料率は、財政的に脆弱な市民にも安全な水を提供するために、費用負担の大部分を企業に課すように設定されている。

 顧客全体の約40%を占める民間企業からの水道料金収入により水道事業の運営の多く賄っているため、商業消費が大幅に減少したことによる影響が大きくなっている。

 昨年のSRWSAの毎月の収入は40~60%減少しているという。

関連記事
社会
ヴァンシ、プノンペン北部郊外に浄水場の建設着手 カンボジア[社会]
(01月22日)
観光
ナガコープ、シェムリアップに統合型リゾートの開発計画を発表 カンボジア[観光]
(11月18日)
労働
カンボジア文化村、11月に閉鎖し従業員を解雇[労働]
(10月14日)
経済
2023年までのコンドミニアム開発における動向調査 カンボジア[経済]
(07日)
経済
フン・セン首相 シェムリアップの道路インフラ整備に向けて1億5000万ドルの投資 カンボジア[経済]
(04日)
経済
デリバリーサービスが好調 カンボジア[経済]
(04月10日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
特集
カンボジア人の声 マダムサチコ・アンコールクッキー リー・ミニア
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
業界
カンボジアの事を本当に良くしたい。日本語教育の祖が語る[人材]大石安慧 (1/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース