カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2019年8月16日
  • カンボジアニュース

外国人が関与した犯罪、今年第2四半期は減少 カンボジア[社会]

news_201908162
(c)Khmer Times

 国家警察は15日、カンボジアでの外国人が関与した犯罪が、今年第2四半期に84件あり、前年同期の88件から約4.54%の減少したと発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 逮捕された450人のち、最も多いのは中国人、次いでベトナム人、インド人、韓国人、ウクライナ人と続き、犯罪の多くはプレアシアヌーク州シェムリアップ州、プノンペンで発生しているという。

 また一方で、外国人が犯罪の被害を受けた161件181人のうち、ほとんどは中国人だった。事件の件数は昨年同期178件から9.55%減少した。

関連記事
経済
カンボジア初、遂に原油の生産が開始される[経済]
(12月31日)
観光
観光省、民間との協議会で中国人を優先した観光政策を提案 カンボジア[観光]
(10月30日)
社会
シェムリアップの道路インフラに予算1億5000万ドル承認[社会]
(09月10日)
経済
シアヌークビルの「スマートシティ」戦略に向けて豪州支援 カンボジア[経済]
(08月10日)
社会
無許可の自動車修理店の取り締まりを強化 カンボジア[社会]
(07月09日)
経済
カジノ再開により、中国人の回帰に向けた準備が進む カンボジア[経済]
(07月07日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース