カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2019年6月4日
  • カンボジアニュース

デタラメなクメール語看板を391枚撤去 シアヌークビル[社会]

news_201906042
(c)Phnom Penh Post

 シアヌークビル市当局は、クメール語を誤訳やスペルミスして表示されている店の看板391枚を撤去させた。プノンペンポスト紙が報じた。

 当局者の1人は、「彼らはクメールを知らないので、グーグルで翻訳した言葉をそのまま使用したのだろう」と述べ、中国語が話せる当局者がおらず、店主との撤去交渉に時間を要したという。

 人権団体アドホックの地方コーディネーターは、「中国人経営の印刷会社は、従業員も中国人を雇用する傾向がある。カンボジア人従業員による確認作業を行わない印刷所の運営を認める地方当局にも問題がある。印刷会社のオーナーはグーグル翻訳とクメール語のフォントが装備されていないキーボードを使用して、誤訳とスペルミスの発生を招いた」と述べた。

 観光大臣は地方当局に対し、他の関係当局と協力して看板の誤訳やスペルミスの問題を解決するよう指示していた。

関連記事
経済
タイの大型スーパーBig C、カンボジア・ポイペトに進出[経済]
(08日)
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(09月13日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
経済
トゥールコーク区の商業施設の建設作業が中断[経済]
(08月29日)
政治
中国公安部、中国人にカンボジアの法律を順守するための教育を約束[政治]
(08月21日)
社会
外国人が関与した犯罪、今年第2四半期は減少 カンボジア[社会]
(08月16日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジア人が誇りを持てる場所を作りたい[観光・飲食]温井 和佳奈(1/3)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース