カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年11月13日
  • カンボジアニュース

ラタナキリ州の少学校 モバイルアプリで読解力の向上を促進[社会]

news_201711132
(c)Khmer Times

 政府は、モバイルアプリの技術を用いて子供の読解力を向上させるよう促している。クメールタイムズ紙が報じた。

 ラタナキリ州の小学校で7日、教育・青少年・スポーツ省は、保護者に対して、子供たちが学校外で勉強するためのアプリをインストールすることを奨励している。同省の担当者は、「学生たちは家に学校が所有するタブレットPCを持ち帰ることはできず、また図書館で本を読む時間もほとんどない。両親がこのようなアプリをインストールすれば、子供たちにもっと読書をさせることができるだろう」と続けた。

 国際的な教育NGO団体、プラン・インターナショナルの専門家によると、このようなアプリの導入が全国20の学校で実施されているという。同アプリは、NGO団体と教育省により運営されており、学生の読解力向上のため、小説などの電子書籍を読むことができるという。

関連記事
経済
カンボジア初 オンラインでの保険見積システム開始[経済]
(10日)
経済
ABA銀行 スマートルイとの送金サービスが可能に[経済]
(10月30日)
経済
国連の開発目標達成に 情報技術への投資が不可欠[経済]
(10月27日)
日系
日系スタートアップ企業スピンルイ 豪州系団体が一部株式を取得[日系]
(10月26日)
経済
郵政公社のカンボジアポスト 民間部門と提携し電子商取引の会社を設立[経済]
(10月09日)
経済
カンボジア中央銀行 金融リテラシーの教育を初等・中等教育に導入を予定[経済]
(10月01日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース