カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年8月27日
  • カンボジアニュース

無規制の代理母出産、政府指針発表の予定―カンボジア女性省[社会]

 代理母出産に対する規制が無いカンボジア国内にはブローカーが急増し、代理母出産を利用する外国人夫婦が来訪している。政府は今月中にこの問題に取り組む姿勢を明らかにした。

 カンボジア女性省は来週、代理母出産の影響について会議を開き、政府の指針を公式に発表するとした。女性省はカンボジアの女性や子供の人権を守る将来的な取り組みを見つけ出したいとしている。

 国連人口基金(UNFPA)のカンボジア代表は、「カンボジアには代理母出産を規制する法的枠組みがなく、50以上のブローカーがインターネットに広告を出している。少なくとも医療過誤を防ぐ法的枠組みは必要だ」と述べた。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
政治
フン・セン首相、コロナウイルスに関し中国を支援[政治]
(01月31日)
社会
カンボジアの大気汚染、工場や車両、森林火災、廃棄物の焼却などの煙が原因[社会]
(01月20日)
社会
4380万ドル費やし貧困者等に健康管理サービスを提供 カンボジア[社会]
(12月27日)
経済
カンボジアの製薬会社、鎮痛剤の輸出を検討[経済]
(12月19日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
社会
カンボジア保健省、女性と障害者を優先して公務員採用[社会]
(05月16日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース