カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2020年10月14日
  • カンボジアニュース

カンボジア文化村、11月に閉鎖し従業員を解雇[労働]


(c)Khmer Times

 シェムリアップにある、カンボジアの歴史や文化を紹介した総合テーマパークのカンボジア文化村は、11月7日に操業を停止し、300人の従業員を解雇すると発表した。クメールタイムズが報じた。

 新型コロナウイルスの影響による観光客の減少などが要因だ。文化村は、「深刻な経済的および財政的問題に直面しており、事業の費用を支払う余裕が無いため、事業を完全に閉鎖する」と発表した。経営陣によると、解雇される従業員は労働法に遵守して補償されるという。

 文化村に17年近く働く従業員は、「スタッフたちは閉鎖の発表を受け入れるのに苦労しています。ここは昔はとても有名なところでした。以前ほどではないにしても、まだまだ観光客が来ているので、事業を続けてほしいです。私たちは今、どこで仕事を見つけるべきかわかりませんし、時間も残されていません。最後の給与の支払いは正確に計算されると期待しますが、私たちのような労働者は高い給料をもらっていません」と話す。

 それとは別に、文化村の40人以上の労働者が8月から抗議活動を行っており、会社が削減した給料の20%と年間の食費を要求している。

 抗議活動を行う労働者の代表は、「40人の労働者は会社が閉鎖するまで抗議行動を続けます。今回の閉鎖は抗議とは何の関係もありません」と述べた。

関連記事
経済
カンボジア初、遂に原油の生産が開始される[経済]
(12月31日)
社会
私立学校や教師、保護者 学校閉鎖の影響で厳しい財政状況に カンボジア[社会]
(12月28日)
経済
今年9月末までの自動車の輸入、前年と比較して約35%減少 カンボジア[経済]
(12月23日)
労働
コロナで大企業は解雇、中小企業は労働時間時間の削減や減給 カンボジア[労働]
(12月18日)
経済
世銀、カンボジア経済は2021年に回復すると予測[経済]
(12月17日)
観光
来年のための観光事業の営業ライセンスの更新料金を免除 カンボジア[観光]
(12月11日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
特集
トップインタビュー Himawari Hotel アンドリュー・テイ(1/2)
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース