カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

News & Topics

    • (c)Khmer Times  先月発表された一連の減税を受けて、カンボジアのレギュラーガソリン価格はリットル当たり200リエルの削減が行われ、7月1日日曜から全国のガソリンスタンドでリットル当たり3950リエル(0.97ドル)で販売されている。クメールタイムズ紙が報じた。  ディーゼル車の価格も同額下落し、商業省の発表によると、同国のすべてのガソリンスタンドでリットル当たり3750リエル(0.93ドル)で販売されている。  フン・セン首相は、「人々の日常生活を促進するために、地元のガソリンスタンドの助けを借りてガソリンの小売価格をリットル当たり4セント引き下げることを決めた」と述べた。  灯油価格も減税されており、税率は15%から10%に削減された。首相は続けて ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年7月3日
      ガソリン 商業省
    • (c)Khmer Times  アンコール・エンタープライズによると、2018年上半期のアンコールワットの入場チケットの収益は6140万ドルに達し、昨年と比較して18%近く増加した。プノンペンポスト紙が報じた。  2016年に、政府はアンコールワットのチケットの価格を値上げし、デイパスチケットは20ドルから37ドル、3日間のチケットは40ドルから60ドルになり、1週間のパスは60ドルから72ドルになった。  カンボジア国家観光連盟のホ・バンディ事務総長は、「入場券の値段が上がったにもかかわらず、現地訪問者が増え続けており、政府の戦略が成功していることがわかる。より多くの観光客がもっと多くのお金を費やすことになり、政府はそのお金を観光業の拡大のために使用するだろう」と述べ ... [続きを読む]
    • 観光
        2018年7月2日
      アンコールワット
    • (c)Khmer Times  国家警察は6月29日、地方の警察に対して国際運転免許証をすべて検査し、外国人ドライバーの交通事故率を抑えるためにカンボジアの運転免許を取得するプロセスを強化するよう命じた。プノンペンポスト紙が報じた。  国家警察長官は27日、地方自治体との交通会議で、カンボジアの交通法を知らない外国人による交通事故を減らすために検査が必要だと述べた。  同長官は、「外国人ドライバーは今後、自国の免許と国際運転免許証の両方を取得しなければならず、カンボジアの運転免許証も必要となる。警察が運転手の情報を確認できなかった場合は、それぞれの大使館に連絡して支援を受ける」と付け加えた。
    • 社会
        2018年7月2日
      交通事故 運転免許証
    • (c)Khmer Times  カンボジアはプノンペン都内に3番目の環状道路を建設するために中国との合意に署名すると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。  フン・セン首相は、「現在第2環状道路の建設に取り組んでいるが、じきに第3環状道路の建設にも着手する予定だ。これにより、都市の交通渋滞はさらに軽減されるだろう」と語った。  政府はまたプノンペンの交通状況を調整するために、より多くの高架橋を建設する可能性を検討している
    • 社会
        2018年7月2日
      交通渋滞 環状線 道路
    • (c)Khmer Times  政府は、モバイルネットワーク事業者がすべてのSIMカードを適切に登録するように7月1日を新たな期限として設定した。これが最後の期限延長となる予定だ。クメールタイムズ紙が報じた。  カンボジア電気通信規制機関(TRC)は、「顧客の身分証明書のコピーを保障せずにSIMカードを販売することは法違反であるが、モバイル事業者は顧客の登録をしなくても販売を継続できる抜け穴を発見している。業界内での競争が激化する中で、一部の企業やディーラーは法律に違反しててでもカードを販売する必要性を感じている」と語った。  TRCは続けて、「7月1日以降、違法行為を続けようとする携帯電話事業者は、法律の厳しさに直面するだろう。法的処罰の内容詳細を検討している」と述べ ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年7月1日
      SIMカード カンボジア電気通信規制機関 通信業
    • (c)Khmer Times  外国からの高い需要によりコメ価格が高騰する中、政府は昨年カンボジアで最高のコメと名付けられた「センクロオブ(Sen Kro Ob)」などの香り米を栽培するよう農家に促している。クメールタイムズ紙が報じた。  昨年11月、農林水産省はセンクロオブの新たな種苗を全国30の農村と協力して試験し、フィードバックが肯定的であれば、2018年末までに農家に配布することを計画している。これは新しい公式香り米の一種となる。  農村開発銀行のカオ・タッチCEOは、「多くの輸出業者がセンクロオブの海外販売を要求するなど需要は最近上昇したが、供給はまだ限られている。農業界は安定した市場を供給できるセンクロオブの栽培を考慮する必要がある」と述べた。  同国 ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年7月1日
      コメ 輸出 農村開発銀行 農林水産省
    • (c)Khmer Times  フン・セン首相は28日、国外の雇用を探している労働者を支援し続けると述べた。クメールタイムズ紙が報じた。  フン・セン首相は、「国外へ移住した労働者の家族は国内労働者に比べて良い収入を得る傾向がある。政府は現在、移住労働者がクウェートで働くための契約を進めており、中東の労働者を保護するための覚書が必要である」と付け加えた。  駐韓国大使であるロン・ディマンチェ大使は、「韓国政府は、カンボジアの移住労働者の数を常に増やしており、従業員は非常に懸命に働き、犯罪を犯さないため、韓国には約5万人の移住労働者が雇用されている。韓国の労働者は、家庭を支え、国全体の経済発展を助けるために家に送金する」と述べた。  労働職業訓練省の報告によると、タ ... [続きを読む]
    • 労働
        2018年6月30日
      出稼ぎ労働者 労働職業訓練省
    • (c)Khmer Times  フン・セン首相は28日、縫製労働者にHIV感染者との差別をしないよう呼びかけ、すべての労働者がHIV予防について互いに教育しなければならないと述べた。クメールタイムズ紙が報じた。  先月首相は、薬物使用者の間でHIV感染が増加したため、安全な性交渉を促し、結婚前または恋愛関係になる前には血液検査を受けるよう労働者に指示した。  国連は昨年、カンボジアがアジア太平洋地域の他国よりHIVに対する治療が先行していることを称賛しており、同国では5万7000人がHIV陽性であり、感染推定者の8割が抗レトロウイルス療法にアクセスしている。
    • 社会
        2018年6月30日
      HIV エイズ セックス 医療 性交渉
    • (c)Khmer Times  カンボジアの大手モバイル通信会社スマート・アクシアタは6月27日、テレコム・アジアの第21回最優秀エマージング・マーケット・オペレーターに選ばれた。クメールタイムズ紙が報じた。  テレコム・アジア・アワードは、アジア地域で最も長く権威のある賞で、財務実績、技術、革新性、リーダーシップ、コーポレートガバナンスに基づいて専門家が選ぶ。今回はマレーシア、インド、フィリピン、インドネシアのモバイル事業社がエントリーしていた。  同社のトーマス・ハントCEOは、「最高のオペレーターとして認知されたのは、スマートとカンボジアの誇りに思う。これはスマートの財務および市場の成功が期待されている結果で、我々は全従業員が、加入者、パートナー、ステークホルダー ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年6月29日
      スマートアクシアタ トーマス・ハント
    • (c)Khmer Times  中国資本のジョンインホスピタリティ・マネージメントが運営する高級ホテル「トニーノランボルギーニホテルズ&リゾーツ」が、シェムリアップで2つのホテルを開業する。クメールタイムズ紙が報じた。  同社は最近、香港に本社を置くシマオ・インターナショナル・ディベロップメントと2つの不動産の開発契約を締結したことを発表した。  トニーノランボルギーニホテル&リゾーツは2012年、蘇州で最初のホテルを開業し、マカオとサイパンをはじめ、近い将来東南アジアの主要観光地に12のホテルを追加する予定だという。  観光省によると、2017年末時点で、カンボジアは2255のゲストハウス、2239のレストラン、881のエンターテイメント施設、619の旅行会社 ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年6月29日
      ホテル 宿泊業 観光省
    • (c)Khmer Times  フンセン首相は27日、旧救国党の支持者らが、選挙後には縫製業労働者への医療無償化を含む社会的保障が停止されるという主張を否定した。クメールタイムズ紙が報じた。  首相は、「約束を実現することができなければ、私は降りて別の党に道を譲るだろう」と述べ、「妊婦へのボーナス、フリーバス乗り場、最低賃金引き上げ、健康保険など、政府が最近実施したすべての恩恵が維持される」と続けた。  カンボジア縫製業協会の副会長は、「社会保障制度は何百年も続く長期的な政策だ。現在の失業保険を含む社会保障に関する法案は、2019年1月までに完全な社会保障を提供すものであり、それは国民へのコミットメントと義務だ」と語った。
    • 労働
        2018年6月29日
      カンボジア縫製業協会 労働者 社会保障 縫製業 製造業
    • (c)Phnom Penh Post  バイクEUドットコム(Bike-EU.com)によると、カンボジアは昨年欧州連合(EU)へ142万台以上の自転車を輸出し、20年間最大量を輸出していた台湾を抜いてEUへの自転車供給量第1位となった。この輸出量は2016年から9%成長した。プノンペンポスト紙が報じた。  商業省は26日、「同国の自転車生産は、組立部品を輸入するだけでなく、製品生産を徐々により多くの地元企業で行うよう移行している」と述べた。この動きにより、同国はEBA優遇制度の下で自転車輸出の際に免税可能になった。  同省はまた、「最大のサプライヤーになることは、自転車輸出業者として国際的に優れていることを意味する。しかし、同国はより多くのローカルコンテンツと付加価値 ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年6月29日
      商業省 自転車 製造業
    • (c)Khmer Times  工業手工芸省によると、プノンペン都チャムカーモーン区の浄水処理施設を来年利用可能にするために、2019年11月に終了する予定の施設拡張工事が行われる。クメールタイムズ紙が報じた。  拡張工事は、浄化能力を1日当たり5万2000立方メートルに増やすことに重点を置いている。処理される水はバサック川からポンプで汲み上げられる。  この工事には、フランス開発庁(AFD)とプノンペン水道公社(PPWSA)が共同出資しており、1500万ドル以上の費用がかかる見込みだ。フランスの企業であるヴィンチ・コンストラクションとSAFEGEによってこのプロジェクトは実施される。  26日に施設を訪れた同省のチョム・プラシット大臣は、「現在このプロジェクトの ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年6月28日
      チョム・プラシット プノンペン水道公社 工業手工芸省
    • (c)Khmer Times  6月27日、利用客増加に伴い改修されたシアヌークビル国際空港の旅客ターミナルが披露された。クメールタイムズ紙が報じた。  カンボジアエアポート社によると、空港の改修には、現在の80%の規模拡大、施設の全面改装(特にチェックインエリア、搭乗ラウンジ、荷物受け入れゾーン)、および手荷物処理システムを含む新しい設備の設置が含まれる。改修後は、より大きな航空機や、特にアジアから遠く離れた市場からの飛行機に対応するという。  同社の母体であるヴィンチ社は、「本日の式典はカンボジア政府との良好な関係を反映しており、空港開発は海岸全体の経済、観光、社会的成長の可能性を広げる」と述べた。  プレアシアヌーク州の観光担当責任者は、「我々の目的は、観光 ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年6月28日
      シアヌークビル プレアシアヌーク州 空港
    • (c)Khmer Times  ラタナキリ州とトボンクムン州の生産者や輸出業者は、それぞれの地方当局のウェブサイトから、原産地証明書の申請に必要な書類をオンラインで入手することが可能になった。クメールタイムズ紙が報じた。  商業省は、「地方当局が原産地証明書を発行できるようにすることで、他国と国境を共有する州での輸出を促進できるようになる」と述べた。  ラタナキリ州の商業担当部署は、「輸出業者は原産地証明書発行のためにプノンペンまで行く必要がなくなった。ベトナムへの製品輸出をより早く行うことができるだろう」とこの動きを歓迎した。
    • 経済
        2018年6月28日
      トボンクムン州 ラタナキリ州 商業省 現地生産証明 輸出
    • (c)Phnom Penh Post  租税総局(GDT)によると、今年1~5月の税収は、強力な成長を見せ10億4000万ドルに。昨年同期比12%以上の増加、年間目標の54%に達したという。プノンペンポスト紙が報じた。  GDTは近年、企業監査や集金のオンラインプラットフォーム立ち上げなど、税収増に向けた改革を行っており、2017年の税収は前年比30%増の19億3000万ドルに達している。
    • 経済
        2018年6月27日
      租税総局 税収 税金
    • (c)Khmer Times  メコン川委員会(MRC)とJICAはメコン川流域における森林保全と河川流域管理に関する共同研究を開始し、地域の管理と環境保全の改善を目指す覚書に調印した。クメールタイムズ紙が報じた。  このプロジェクトは、日本政府からの資金援助を受けて、メコン盆地の森林を確認し、地域の環境保全に貢献することを目的としている。カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムを含むメコン5か国を対象とし、2019年3月に完成する予定だ。  MRCのCEOは、「このプロジェクトにより、加盟国の森林保全の現状を評価し、質の高い流域管理のための政策を提供する事ができる」と述べた。  このプロジェクトは、2016年9月に行われた第8回日本メコンサミットでの安倍晋 ... [続きを読む]
    • 経済
        2018年6月27日
      メコン川 森林保全
    • (c)Khmer Times  フンセン首相は25日、カンボジアの税関当局は密輸を撲滅するために武装したヘリコプターを導入する予定だと述べた。クメールタイムズ紙が報じた。  2006年に外国の民間企業が税関部門を民営化するよう圧力をかけたが、首相は密輸を摘発した税関当局は民営化できないとし拒否した。  首相は、「税関は毎月2億ドルの税収を得ているが、民営化すれば収入は1億ドルになり、他の1億ドルは海外の民間企業に渡ってしまうかもしれない。税関を売ることは、国家主権を売ることにつながる」と語った。
    • 経済
        2018年6月27日
      税収 税金 税関 関税