カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年4月5日
  • カンボジアニュース

プノンペンで大型不動産イベント開催 カンボジア[経済]

news_201904051
(c)Phnom Penh Post

 大型不動産イベント、「ホームアンドライフスタイルエキスポ2019」がプノンペンで開催され、100人以上の国内外の不動産業者が参加する。プノンペンポスト紙が報じた。

 このイベントは、4月26日から27日にかけてダイアモンドアイランドで開催され、ボレイ(戸建て高級住宅街)やコンドミニアムなどの地元の不動産物件、国際的な不動産開発プロジェクトが展示される。

 イベント主催者であるリアルエステイトドットコムのトーマス・オーサリバンCEOは、「多くの外国人投資家はまだカンボジアの不動産状況を認識していない。このイベントを通じて、外国人はカンボジアで不動産を購入することに関心を持つようになるだろう」と述べた。

 カンボジア不動産協会の事務局長は、「不動産業と建設業は、カンボジアの経済成長を後押しする上で重要な役割を果たしており、今後5年間は成長を続ける。政治的に安定し、法律も整備されているため、外国人投資家にを引き付けている」と述べた。

 土地整備・都市化・建設省によると、2018年の建設部門の総投資額は52.28億ドルと、前年64億2800万ドルから18.66%減少した。

関連記事
経済
プノンペンの商業スペースの供給が見込減[経済]
(04月17日)
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]
(10月25日)
経済
タクマウ市で新しい住宅プロジェクト カンボジア[経済]
(10月23日)
経済
カンボジア参入を模索する英国の建設会社が急増[経済]
(10月18日)
経済
中国企業 シハヌークビルに数十億ドルを投資 カンボジア[経済]
(10月15日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース