カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年3月12日
  • カンボジアニュース

AIが地域の不動産市場を活性化させる カンボジア[経済]

20200312-1
(c)Khmer Times

 11日、プノンペンを拠点とするZ1データ社と米国のデヴマスターズ社が最先端技術を搭載したデータセンターを共同開発するための覚書を締結した。クメールタイムズが報じた。

 Z1データ社は地域不動産市場をAI技術で解析することを専門にしており、デヴマスターズ社はAIソフトウェアの開発からデータ戦略の策定を専門にしている。

 Z1データ社の役員は、「AI技術は不動産運用と不動産取引の効率化を図るうえでとても重要である。最先端技術を用いたデータセンターの稼働は投資家の信頼を高め不動産投資を加速させ、市場トレンドの解析に大いに役立つ」と述べた。
 
 不動産分野はまだまだAIや自動化によるコスト削減や業務の正確性、生産性改善の余地が残されている。

関連記事
経済
専用アプリで固定資産税の支払い方法を簡素化 カンボジア[経済]
(08月31日)
社会
騙された住宅購入者達、将軍に対し非難の声 カンボジア[社会]
(08月04日)
経済
今年上半期の商業スペースの賃料、近年最大の下落 カンボジア[経済]
(07月29日)
経済
プノンペンの不動産販売は依然として堅調 カンボジア[経済]
(04月08日)
経済
建設業界は依然として堅調 カンボジア[経済]
(03月17日)
経済
プノンペンの商業スペースの供給が見込減[経済]
(04月17日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース