カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年10月5日
  • カンボジアニュース

シアヌークビルに大型ショッピングモールがソフトオープン カンボジア[経済]


(c)Khmer Times

 カンボジア南沿岸部の港湾都市であるシアヌークビルに、大型ショッピングモール「プリンスモール」が10月1日にソフトオープンした。クメールタイムズが報じた。

 このモールは、中国企業のプリンスホールディンググループの子会社、プリンスファンユーリアルエステートグループが開発したカンボジア初のショッピングモールだ。5階建て、延床面積5万平方メートル(イオンモールプノンペンの約半分の面積)、1200台以上の駐車場を有している。

 モール内には、1階にスーパーマーケット、4階にはシネマコンプレックスがあり、パンダ銀行など金融機関も入居しているほか、様々なブランドのファッションショップや貴金属店、スターバックスやアメイゾンコーヒー、KFC、など飲食店も充実している。

関連記事
経済
敗訴の小売業者パークソン、シンガポールへ移送申立てが却下[経済]
(09月23日)
経済
フランチャイズにより拡大を目指すモバイルマート カンボジア[経済]
(09月22日)
経済
2023年までのコンドミニアム開発における動向調査 カンボジア[経済]
(09月07日)
経済
一帯一路構想の下でプノンペン都とコッコン州、ケップ州で4つのプロジェクトが進行中 カンボジア[経済]
(09月03日)
経済
パンデミックにより自動車業界の利益下落 カンボジア[経済]
(08月06日)
経済
国内観光客、5ヶ月間で370万人に達する カンボジア[経済]
(07月17日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
最大の目標は、世界におけるカンボジアのプレゼンスを上げること[観光・飲食]温井 和佳奈(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース