カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年2月6日
  • カンボジアニュース

カンボジア・シアヌークビル市の家賃が急落し、地価が低迷[経済] 

news_202002061
(c)Khmer Times

 シアヌークビルは現在、家賃が急落し、地価が低迷している。クメールタイムズが報じた。

 不動産会社キーリアルエステートのCEO、ソーン・シアップ氏は、「政府が国内のすべてのオンライン及びアーケードギャンブルを禁止してから、特にシアヌークビル市内のフラットハウスの賃貸物件は劇的に減少した」と述べた。

 同氏によると、フラットハウスの賃貸月額は、禁止が発表(昨年8月)される前には8000ドル~1万6000ドルだったものが、現在は2000ドル~6000ドルに落ち込んでいるという。

 不動産会社CBREのレポートによると、禁止前の1平方メートルあたりの地価は、海岸側で800~1200ドル、市内中心部で1200~1300ドルだったものが、禁止後には10%~30%下落したと推定した。

 カンボジア不動産協会チレク・ソクニム氏は、「カンボジアへの投資先として最も人気のあるシアヌークビル市の土価は、近年大幅に上昇していた。いくつかの課題があるが、市場は今から5年後まで健全であり続けると期待している」と述べた。

関連記事
観光
マカオのカジノ運営会社、アンコールワット近郊で土地購入を延期[観光]
(12月31日)
政治
カンボジアは依然としてマネーロンダリングに対して脆弱と判断[政治]
(11月01日)
経済
カジノ税収、オンライン賭博の禁止法令により来年は減収か カンボジア[経済]
(10月24日)
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(09月13日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
経済
ポイペトのカジノ運営会社、法的紛争に起因し金銭的損失[経済]
(09月10日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
交通網や電気の問題にも着手していくことが求められる [不動産] ソーン・シアップ
業界
競争により売れ行きは穏やかになっているが、危機ではない[不動産]チレク・ソクニム (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース