カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年2月1日
  • カンボジアニュース

経済特区からの総輸出額、前年比27%増 カンボジア[経済]

news_202002012
(c)Khmer Times

 カンボジア開発評議会(CDC)によると、現在カンボジアには54ヶ所の経済特区があり、2019年における経済特区からの総輸出額は26億8800万ドルに上り、前年比で27%増加した。クメールタイムズが報じた。

 特に、353ヘクタールの敷地面積を持つプノンペン経済特区(PPSEZ)には、121社が入居しており、2万1717人の雇用創出に貢献している。

 また、プノンペン経済特区からの輸出額は、2019年は5億1800万米ドルに達しており、入居企業の国籍はタイやベトナム、中国、日本、ベルギー、香港、マレーシア、シンガポール、アメリカ、フィリピンからだという。

 政府は現在、カンボジアのビジネス環境をさらに改善させる目的として、改善経済特区と投資を規制する新しい法律の起草に取り組んでいる。

関連記事
労働
3つの投資プロジェクトにより、2000名の雇用創出 カンボジア[労働]
(19日)
経済
新たな貿易ルートは、商取引を助ける カンボジア[経済]
(18日)
経済
カンボジア・プレアシアヌーク州 国内で最大の観光投資先に[経済]
(03日)
経済
カンボジアと韓国の二国間貿易が急拡大[経済]
(02月05日)
経済
米中貿易戦争の影響により増加する直接投資 カンボジア[経済]
(01月07日)
経済
カンボジア開発評議会、新しい投資法の起草を始める[経済]
(12月17日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース