カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年5月31日
  • カンボジアニュース

カンボジアの家電市場は活況[経済]

news_201905311
(c)Khmer Times

 カンボジアの家電市場は、建設ブーム、所得の向上、電気料金の値下げにより活況を呈している。クメールタイムズ紙が報じた。

 韓国系家電メーカーのLGグループの販売代理店であるGGearグループは、2011年に事業を開始して以来、電子機器の売上による収益が年間平均で20~30%増加しているという。

 同社のソック・ピセットCEOは、「今年は猛暑の影響でエアコンの需要が急増した。家電製品の売上増加の主な要因は、建設ブーム、所得の向上、電気料金の値下げだ」と述べた。また、同氏は、「すでに家電市場は競争が非常に激しい」と付け加えた。

関連記事
経済
シアヌークビルに2つのショッピングモールが年内オープン[経済]
(11月01日)
経済
タイの大型スーパーBig C、カンボジア・ポイペトに進出[経済]
(10月08日)
経済
トゥールコーク区の商業施設の建設作業が中断[経済]
(08月29日)
経済
都内のコンビニエンスストアの店舗数が伸びている カンボジア[経済]
(07月05日)
社会
デタラメなクメール語看板を391枚撤去 シアヌークビル[社会]
(06月04日)
経済
チップモングループ、ルッセイケオ区に大型モールを建設 カンボジア[経済]
(05月03日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジア人が誇りを持てる場所を作りたい[観光・飲食]温井 和佳奈(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース