カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年2月15日
  • カンボジアニュース

中小企業にとって免税申請要件が複雑すぎると苦情 カンボジア[経済]

news_201902152
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア中小企業協会連合会(FASMEC)のタン・ポア会長によると、中小企業にとって、租税総局(GDT)からの免税申請の要件を満たすことは難しいとしている。プノンペンポスト紙が報じた。

 同氏は、「FASMECの中小企業のメンバーはそれを申請するとは思えない。なぜなら、手続きは複雑すぎるため基準を満たすにはあまりにも制限されている」と述べた。

 GDTは昨年12月、免税を申請するすべての中小企業は、事業ライセンス、設立証明書、パテントなどを取得し、事業計画、財務計画、従業員計画、商取引、労働協約などを提出する必要があると通達した。

 農産物又は農業生産品、食品の製造及び加工、国内消耗品の製造など特定の分野の中小企業が対象で、3年~5年間の事業所得税やミニマム税の免税などの税制優遇措置を受けられる。特に、5年間の免税を受けようとしている中小企業は、60%の国内原材料を使用するか、20%従業員数を増員するか、中小企業地区に居住する必要があるとしている。

 タン会長は、「中小企業にとって事業計画や財務計画を提出することすら困難だ」と述べ、政府に対し手続きの簡素化を提案するためのプロジェクトに取り組んでいるという。

 カンボジア女性起業家協会(CWEA)のエン・リコン会長は、「私たちは中小企業にその利益を理解するための教育の時間が必要だ。政府は手順の認識を高めるために短いコースを提供するべきだ」と述べた。

関連記事
経済
オンライン取引において、税務登録制度の義務化[経済]
(03月17日)
経済
税金未払い100万ドル超、租税総局による取締りで発覚[経済]
(03月13日)
経済
カンボジア租税総局、2020年の税収目標を2886百万ドルに設定[経済]
(02月19日)
経済
中小企業銀行が3月に運営予定 カンボジア[経済]
(01月02日)
経済
租税総局長、目標超えの徴税額を発表
(11月22日)
経済
カジノ税収、オンライン賭博の禁止法令により来年は減収か カンボジア[経済]
(10月24日)
あわせて読みたい
業界
出張手当設定を指摘されるケースが散見[法務・税務・会計] マック・ブラタナ、ドゥク・ダリン
業界
税法や労働法など法律は毎年頻繁に変わる[法務・税務・会計] 安藤 朋美
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
業界
未来にフォーカスしたサービスを提供[法務・税務・会計] 西山将太郎、安藤朋美
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース