カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年8月21日
  • カンボジアニュース

ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]

news_201808212
(c)Khmer Times

 カンボジア大手物流企業のワードブリッジグループは17日、国連開発計画(UNDP)と国連工業開発機関(UNIDO)の2つの国連機関と協力した。クメールタイムズ紙が報じた。

 ワードブリッジは、UNDPと協力して、製造業および低所得世帯の再生可能エネルギーの採用、手頃な価格の住宅への融資、公共輸送の改善、中小企業の支援に関する調査を実施する。

 ワールドブリッジのシア・リッティ会長は、「両機関ともワードブリッジの既存プロジェクトを中心に展開する」と述べた。

 UNDPのディレクターであるニック・ベレスフォード氏は、「最近締結された覚書は、持続可能なビジネス慣行と高い社会的・経済的影響のある地域への投資を促進するというUNDPの目標に沿ったものである」と述べた。

 UNIDOの代表であるナリン・ソック氏は、「覚書が、同局と民間部門がより緊密に連携してカンボジアの産業の持続可能性を促進する枠組みを提供している」と述べた。

関連記事
経済
カンボジアの海運業界の最大の課題はインフラ[経済]
(13日)
法律
不動産所有者に対し外国人の賃貸に報告義務を課す カンボジア[法律]
(08月30日)
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(08月23日)
経済
カンボジアの食品配送会社ミールテンプル、ブータンに進出[経済]
(08月19日)
日系
亀田製菓、地元菓子メーカーとの合弁会社が事業開始[日系]
(08月12日)
経済
カンボジア中銀、開発業者が提供する住宅ローンの利用者に忠告[経済]
(07月31日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース