カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月13日
  • カンボジアニュース

マレーシア二輪車メーカー カンボジア市場へ参入[経済]

news_201801131
(c)Khmer Times

 マレーシアの二輪車メーカーのDNCアジアホールディングス(DNC Asiatic Holdings Sdn Bhd)は今年、2万5000台をカンボジアに出荷する予定だ。これは、同社の海外展開戦略の一環で5600万ドル相当の取引となるという。クメールタイムズ紙が報じた。

 マレーシアの二輪車市場が飽和状態となるなか、同社は海外展開に注力しており、同社の責任者は、「マレーシアでの生産数の半分は輸出用で、今年はカンボジアに2万5000台、ミャンマーとバングラデシュには5000台出荷する」と語った。

 プノンペンのあるバイク店のオーナーは、「カンボジアはホンダとスズキが最も人気のあるブランドだが、その他の多くの新しいブランドが登場しています」と語った。

 ほとんどの輸入二輪車は中国、台湾、ベトナム、マレーシアから来ている。カンボジアは、ミャンマーとスリランカに続く、DNCアジアホールディングスの第3の外国市場である。

関連記事
統計
カンボジアの免税品小売市場の拡大を予測[統計]
(11月20日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
経済
カンボジア 新車に比べ、依然として輸入中古車が人気[経済]
(10月17日)
経済
米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]
(10月10日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース