カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月6日
  • カンボジアニュース

タイのインスタント麺メーカー 工場設立に向けカンボジアに土地購入[経済]

news_201801061
(c)Khmer Times

 インスタント麺ブランドのママ(MaMa)のメーカーであるタイプレジデントフーズPCL社(本拠地・バンコク)は、生産工場を建設する目的でカンボジア・プノンペンに土地を購入した。クメールタイムズ紙が報じた。

 サハグループと日産ホールディングスが所有する同社は、海外での市場機会の拡大を模索しており、2018年にはインスタント麺の工場設立に619万ドルを超える支出を計画しているという。

 建設用地は6400平方メートルで、投資額や建設時期は明らかにされていない。

 カンボジアのタイ大使館によると、カンボジアとタイ間の貿易額は2016年に56億ドルに達し、2015年に比べて1億ドルの増加となっている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース