カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月3日
  • カンボジアニュース

中国やベトナムとの二重課税協定が1月1日より開始 カンボジア[経済]

news_201801032
(c)Khmer Times

中国、ブルネイ、ベトナムとの二重課税協定が1月1日から開始された。クメールタイムズ紙が報じた。

 二重課税協定(DTA)は、2016年10月に中国2017年7月にブルネイ昨年3月にベトナムと調印されてい。

 租税総局のブン・ネアリー副局長は、「これらの協定はより多くの投資をカンボジアに引き付け、このことが雇用の創出を促し、徴税額の増加に貢献する」と語った。

関連記事
経済
カンボジア 欧米の特恵関税制度の取り消しの影響に対応[経済]
(14日)
政治
カンボジア政府 カンボジアデイリーの訴えを否定[政治]
(12月13日)
経済
タイとの貿易額が70億ドルを突破 カンボジア[経済]
(12月06日)
経済
カンボジアの中小企業数 免税措置により登録数が増加[経済]
(11月25日)
経済
コメの輸出が引き続き減少 カンボジア[経済]
(11月16日)
経済
日本との貿易額が大幅に増加 カンボジア[経済]
(11月10日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース