カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月15日
  • カンボジアニュース

カンボジア コメの輸出増加で好調な見通し[経済]

 カンボジアは今年、中国向けに20万トンのコメを輸出する見通しで、世界的な輸出量も増加している。クメールタイムズ紙が報じた。

 2017年前半期において、カンボジアは中国に9万4720トンのコメを輸出。今年終わりまでに20万トンの輸出が見込まれている。

 今年の海外市場への輸出量は28万8562トンであり、昨年の同時期から28万3825トン増加。中国は依然として最大の市場であり、その後にフランスやポーランドがそれぞれ3万7321トンと2万5639トンの輸出量で並んでいる。

 中国政府は2018年にカンボジアからのコメの輸入量を、更に30万トンに増やすと期待している。また、カンボジアは今年前半期において56の国にコメを輸出している。

 農林水産省の局長は、「輸出増加の流れは、カンボジアが拡大を図っていく中で続いていくと期待できる。100万トンの輸出量を目標に、中国市場のみに依存せず、市場を開拓しなければならない」と述べた。

 昨年、カンボジアは54万2144トンを輸出している。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング