カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月12日
  • カンボジアニュース

新たな電子決済サービスプロバイダ 法改正後にカンボジア市場へ参入[経済]

news_201707121
(c)Phnom Penh Post

 電子決済サービスプロバイダ(PSP)の新規参入事業者であるスピードペイは、PSPの最低資本要件の法改正に則り、新たにライセンスを供与された。プノンペンポスト紙が報じた。

 同社はまだサービスを提供しておらず、リム・サンバット会長はローンチ時期の明言を避けたが、「法律を遵守した会社であることを証明するため、すぐに会社設立した。市場は混雑しているが、チャンスはある。参入に向けて明確な戦略を立てる」と話した。

 中央銀行であるカンボジア国立銀行(NBC)のチア・セレイ総局長は、「カンボジアではスマートフォンが銀行口座よりも一般的なため、NBCはデジタル決済プラットフォームを増やし、現金への依存を減らすことを望む。銀行とマイクロファイナンスのデジタルソリューションは過去10年間で改善したが、PSPはまだカンボジア都市部に限られている。我々はサービス提供者にライセンスを付与し、これらの金融サービスが農村部や従来の金融サービスにアクセスできない人々に届くようにする」と述べた。

 今年6月、NBCはPSPの規制を強化し、すべての企業に少なくとも200万ドルの登録資本金と、うち5%をNBCに預託するよう要求している。PSPライセンスは6年間有効で、年間ライセンス料は5000ドルだという。

関連記事
社会
ラタナキリ州の少学校 モバイルアプリで読解力の向上を促進[社会]
(13日)
経済
カンボジア初 オンラインでの保険見積システム開始[経済]
(10日)
社会
カンボジア国立銀行 プノンペンに金融の博物館をオープン[社会]
(09日)
経済
越境取引において リエルの使用を促進[経済]
(10月27日)
経済
国連の開発目標達成に 情報技術への投資が不可欠[経済]
(10月27日)
日系
日系スタートアップ企業スピンルイ 豪州系団体が一部株式を取得[日系]
(10月26日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース